大阪ピアノサークルberceuse

第20回定例練習会A@住吉区民センター小ホール

4月の定例練習会(第20回)は、A日程、B日程に分かれて、土曜日(9日)、日曜日(10日)の2日連日で開催されました。
9日(土)はA日程で、会場は、大阪市住吉区民センターの小ホールでした。

南海高野線の沢ノ町駅を降りて歩いてすぐのところに住吉区民センターはあります。
沢ノ町駅は各駅停車しか停まらないとてもローカルな雰囲気の駅です。
でも、駅の周辺は、こじんまりとまとまっている感じがして雰囲気は悪くないように感じました。
大阪生まれのメンバーさんでも北の方に住んでいる方は、意外にも今日初めて南海電車に乗ったって人がいたな~
毎回会場を変えていると色々な町と会場の雰囲気に触れられて、ほんとピアノをめぐる旅って感じることがあります(笑)
ピアノが置いてあるホールやサロン、スタジオといった施設も、その場所その場所の文化事情が反映されていることがあったりで、そもそもピアノって楽器は基本的に個人で持ち運んで演奏する楽器ではないから、会場毎に置いてあるピアノとの出会いっていうのもあるような気がして、そういうのは個人的にすごく楽しかったりもしています(^^)

今日の会場の住吉区民センターは、ローカルな街の雰囲気からは意外に感じる程、大きくて立派な施設で、小ホールもとてもモダンなデザインのかっこいいホールでした♪
IMG_0188_convert_20160417180630.jpg
IMG_0191_convert_20160417180707.jpg

写真でも分かるように内装が黒で統一されていてとてもクールな印象のホールです。
区民センターのホールというと学校の体育館や講堂に近いような雰囲気のところもけっこうあったりするけど、こちらのホールは、そういった会場とは一線を画した違いを感じさせます。こういうところも区によっての文化施設に対する考え方やこだわり方の違いがあるんだと思いますが、面白いですよね(^^)
10日(日)に使用した福島区民センターのホールと比べてみて尚更そう感じました^^

練習会は、見学の方も含めて20名が参加。
会の流れとしては、練習タイムをしてから、発表タイムといういつものと変わらない流れなんですが、こじんまりとした広さだった3月の練習会の会場と比べると300人も入る広さのホールでは、同じ練習会の流れでもちょっと雰囲気も変わるように感じられて・・・
綺麗なホールですし、それだけでちょっとドキドキするというか(笑)、テンションが上がるというか、何だか発表会と練習会かごちゃまぜになったような緩いんだけど何だか高揚感も感じられて、そのあたりがホール練習会の面白さかな~と思いました♪

ピアノは、YAMAHAのCF3S。
IMG_0193_convert_20160417180732.jpg

一番大きなフルコンサートモデルです。
綺麗なピアノで、弾きやすかったというメンバーさんもけっこうおられました(^^)
ここのホールは、2月の練習会で使用した阿倍野区民センターの小ホールより響く感じはなかったけど、それでもホールらしい響きの中でピアノの音も綺麗に聴こえてきて、弾いていて楽しかったと言ってくれた方もおられました。
普段の自分の部屋や小さなスタジオでは、なかなか感じられない音の広がりが感じられて、それがホール練習会の新鮮なところかもしれませんね(^^)

発表タイムは、13名の方が参加されました♪
次の日が自分の通っている教室の発表会という方が2名おられて、その方にとっては、正に発表会前日のリハーサルといった機会だったようです。
緊張感というか気合いが伝わってくる演奏でした^^
それ以外の人もホールという雰囲気もあってなのか、普段聴いてるよりも緊張されてる方が多かったような・・・^^;
緊張してると普段では思わぬようなところの音を外してしまったり、忘れてしまったり、思うように弾けなかったりすることがありますよね。
でも、人前演奏の練習の場なので、それも経験することで発見や気付いたところもあったんじゃないかなと思いました。
実際の演奏そのものは、どの人も音楽の喜びを感じさせるとっても素敵なものでした♪
みなさん、おつかれさまでした(*^^*)

~♪発表タイム演奏曲♪~(演奏順)
・幻想即興曲(ショパン)
・バラード第1番(ショパン)
・舟歌(ショパン)
・ムジカ・ナラOp25(徳山美奈子)
・子供の情景 トロイメライ Op.15-7(シューマン*自作アレンジ版)
・Sniper(SHINHWA)
・ノクターン第20番(ショパン)
・秋のスケッチ(ギロック)
・パルティータNo. 1 プレリュード(バッハ)
・悲愴3楽章(ベートーヴェン)
・平均律クラヴィーア曲集 第1巻 前奏曲24番 BWV869(バッハ)
・間奏曲 Op.118-2(ブラームス)
・愛の夢 第3番 (リスト)
・ワルツ10番 Op.69-2 (ショパン)

もう練習会も20回になるんですよね~(実際は同じ回でもA日程、B日程に分かれて複数回やってたりするので、開催回数はもっと多いんでしょうけど^^;)
ここまで、2年間、もう20回と思う反面、まだ20回かと感じらることもあって、長かったような短ったような・・・(笑)
節目の回は、少しだけ感慨深い気持ちになったりもします^^;
思い出せば色々なことがあったように思うんですけど、今は過去のことよりもこれから先の楽しいこと、ワクワクすることの方ばかり考えちゃうかな・・・(*^^*)
でも、それも今まで参加してくれたたくさんのピアノ仲間さんたちがいたからこそだと感じています。
これからもみんなといっしょに音楽やピアノを演奏する喜びが感じられるサークルにしていきたいです!
これからもどうかよろしくお願いします。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)