大阪ピアノサークルberceuse

第6回練習会@ブルーム音楽館

報告が遅くなりましたが、10/5(日)、桃谷にあるブルーム音楽館にて、ピアノサークルberceuseの第6回定例練習会が開催されました。当日は台風の接近も心配される中、見学の方を含めて22名もの方に参加していただけました
(^^)

このブルーム音楽館、マンション1階の1室を改築したような作りになっているのですが、会場のあるマンションと同じ名前のマンションが近隣に点在していて、久しぶりに車で会場まで来た管理人は見事に迷ってしまいました(^^;
遅刻しそうで焦りました~
電車で来られた方はスムーズに会場まで着けたみたいですね(^-^)

会場自体もこういう作りのためか室内はHPで見た感じよりよりも狭い印象でした。
椅子は教会にあるような木製の長椅子が置いてあり、壁にはステンドグラス風のガラスがはってあったり、ほんと小さな教会のような雰囲気です。
DSC_0349_convert_20141015204102.jpg

DSC_0350_convert_20141015203416.jpg

ピアノはYAMAHAのC1が1台。鍵盤のタッチが重いという声が聞かれましたが、自分が弾いた印象はそれほど弾きにくいこともなかったです。けっこうきれいに音も鳴っていました。
DSC_0348_convert_20141015203327.jpg
YAMAHA C1

そんな感じで、練習会は定刻通りにスタートしたわけですが、
今回はいつもフォローをしてくれる副管理人さんが別用でいなかった(遅れての参加)ためか、はじめは進行もけけっこうバタバタ(管理人がですね^^;)・・・
あせっている姿を見るに見かねてかメンバーさんのお一人が絶妙なフォローをしてくれて、何とか落ち着いて会を始めることができました(ポゴさん、ありがとうございます^^)

練習タイムは、いつものように練習されるみなさんのピアノの音を楽しみつつ、おしゃべりもしたりと和やかな時間が流れます。お話の時によくするのがお互いの持ってきた楽譜の見せ合いっこ。他の人が使っている楽譜を見せてもらったりするとほんとへ~って思うような発見がありますね(^^)
今日、たまたま楽譜を見せてもらった方は、久石譲さんの作品をよく弾かれているということで、久石譲さんの作品集の楽譜を見せてくれました。「次はこれ弾こうかと思ってるんですよ。」と教えてくれたので、見るとそれは、「金曜ロードショーのテーマ」(水野晴郎が司会だったやつですね)。へ~これ久石譲さんの作曲だったんですね~ 他にもキャラメルコーンのCMに使われた曲が久石譲さんの作曲であることが分かったり、意外な発見がたくさんあって楽しかったです(^^♪

練習タイムが終わると、気楽な発表の時間。
今回も聴き応えたっぷりの曲目が並びました。

(曲目は演奏順)
 1.i・no・ri(西村由紀江)
 2.夏の思い出(松下奈緒)
 3.Innocent (久石譲)
 4.人生のメリーゴーランド(久石譲)
 5.「ラルゴ」(ヘンデル)
 6.「ルーマニア民族舞曲 」(バルトーク)
 7.月の光(ドビュッシー)
 8.カノン(パッヘルべル)
 9.ピアノ協奏曲第一番(バッハ・連弾)
10.『雨だれ』(ショパン)
11.BELIEVE(杉本竜一・連弾)
12.GLORIA~Appassionata~(千住明=石坂慶彦)
13.無言歌集より Op.19-4 イ長調(メンデルスゾーン)
14.エチュード Op. 8-2 嬰ヘ短調(スクリャービン)
15.ソナタ15番 第3楽章 k.545(モーツァルト)
16.「子犬のワルツ」(ショパン)
17.15の即興曲 15番「エディットピアフを讃えて」(プーランク)
18.8つの演奏会用エチュード 1番「プレリュード」(カプースチン)
19.イタリア協奏曲3楽章(バッハ)
20.ソナタ K.V.576 第1楽章(モーツァルト)
21.even if(平井堅)
22.少年時代(井上陽水)
23.ピアノソナタハ長調hob35の第一楽章(ハイドン)
24.ベルスーズ(フォーレ・連弾)
25.マズルカ第45番 Op.67-4(ショパン)
26.プレリュード第15番 Op.28-15「雨だれ」(ショパン)
27.羊飼いの家路(ブルグミュラー)
28.トルコ行進曲(モーツァルト)

これだけたくさんの人が弾いていても、当日の発表タイムで同じ曲を弾く人が重なるということはこれまでなかったのですが、今回は同じ曲を弾かれた方がお二人ほどおられました。
やはり同じ曲とはいえ、演奏者が変わると曲に対するアプローチが違うのが分かります。どちらの演奏もすてきなポイントがいくつもあったのですが、そのポイントもやっぱり違っていたり・・・とても興味深く聴くことができました
(^^)
同じ発表タイムの中で同じ曲を弾くというのは抵抗があるって人もいるかもしれませんが、あまり意識せずに弾きたい曲をぜひ弾いてほしいなと思います。弾く方も聴く方もきっと色々な発見があると思いますよ!
みなさんすてきな演奏をありがとうございます(*^^*)

余談ですが、この日も何組か連弾をされるということで会場側にもう1脚ピアノの椅子はないかとたずねたところ、ないとの返答・・・
仕方がないので管理人のピアノの先生に頼んで椅子を借りて持っていったのですが、この椅子が会場のピアノの椅子ととてもよく似たタイプのもので(あまりないタイプだと先生も言っていましたが・・・)、片付ている最中にどっちが先生から借りたものか分からなくなってきて焦りました・・・
^^;
結局、LINEで先生に連絡を取って確認してもらい、何とか解決。
今度は印でも付けて借りないと・・・(^^;

色々ありましたが今回も楽しい練習会となったと思います。
参加してくれたみなさんに感謝です!



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

練習会お疲れ様でした~。別の用事があって参加できなく残念でしたが、今回もジャンル幅広く内容の濃い練習会だったのだろうなぁと伝わってきました☆

発表タイムに同じ曲というのは今までなかったですよね。
自分の前後で重なるとちょっと抵抗はあるかもしれないですが・・・、同じ曲を別の方がまた違う雰囲気と表現で演奏されるのをお聴きするのもまた勉強になりそうですよね。
そういう演奏の仕方もあるのかぁって発見や気づきにもなりそうです!

知人が演奏していて私も弾けるようになりたいと思った曲を先月の教室の発表会で演奏しまして、その後知人が演奏する同曲を聴いて、まったく別物の演奏だと思いました・・・。
数年前に知人が演奏していたような感じを思い出しながら練習してきたつもりが、かなり自己流にアレンジして演奏していたんだなぁと。
その時、演奏も表現も十人十色だなと思いました☆

なかなかレパートリーが増えないですが、私もメンバーの皆さんが弾かれた曲(自力ではなかなか形にならなくていつになるのやら・・・)を自分でも弾けるようになりたいです!

London | URL | 2014/10/18 (Sat) 18:28 [編集]


Re: Londonさん

Londonさん、コメントありがとうございます(^^)

そうですね~
自分と同じ曲弾く人がいると意識しないと思っていてもちょっと気になる時はありますよね~
比較されるかな~と考えてみたり…
実際は自分が思ってるほど、人は気にして聴いてないもんだと思うし、なので自分の弾きたい曲を弾くのが1番だと思います。
それに他の人の弾く同じ曲を聴くのは色々な発見があって、すごく面白かったりしますし…
同じ曲でも演奏者によって印象がすごく変わるってのも、ある意味音楽演奏の醍醐味かもしれませんね。

これからももっとたくさん、みなさんの素敵な演奏に出会えたらな~と思っています(^o^)

kazu | URL | 2014/10/19 (Sun) 23:21 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)