大阪ピアノサークルberceuse

ネバーエンディング・ストーリー

9月のはじめに奈良にあるピアノサークルの発表会にメンバーさんの何人かと参加しました。
その打ち上げの席で、外部参加で演奏された大阪の某ピアノサークルに所属する方が、「(サークルを)長く続けていくのは、難しい。3年が一つの壁、多くのサークルはこのあたりで疲弊して消えていってしまう。」と言われました。
3年か~ う~ん・・・
3年って確かに長いよな~
でも、あっという間のような気もするし・・・

berceuseの誕生日は、今年の3月24日(HPの開設日)なので、もうすぐ半年を迎えます。
早いと言えば、ここまでもあっという間だったかも・・・
5回の練習会を開催して、30人以上の人たちとこのサークルを通して知り合って、
練習会の段取り、HP、ブログ、掲示板の整備、メンバーさんとのメールのやり取り、新規入会希望の方への対応実務等々、サークルを立ち上げた張本人なので、当たり前なのですが、サークルに関するあらゆることをこなしてきたし、この半年間は、自分の時間のほとんどをサークル運営に費やしてきたと思います。
自分の時間の使い方が下手だからとは思うけど、確かにピアノの練習時間は減ったかも・・・(^^;
この前、サークル実務、仕事、家の用事が一気に重なった時があって、1週間近くピアノを触ってなかった時があって、ピアノの蓋にうっすら埃が被ってるのに気付いた時はさすがにちょっと悲しくなりましたけどね・・・
(苦笑)
今では、5分でも毎日弾くようにしています。
こうして疲弊していっちゃうのか~ やばいやばい・・・(^^;

この間、練習会でも見学参加だったり、自分の練習タイムを見学に来た方にゆずったりということをしたために、一部のメンバーさんが気遣って心配の声を掛けられてしまって・・・
別に遠慮して弾いてないわけではなく、自分の進行の要領の悪さ故に自分の弾く時間を上手く確保できなかったり、管理者としてのアイディアの貧困さから、参加希望の方に充分な参加枠を提供できず不便をかけていただけのことで、自分が逆にそんなに気遣ってもらうことに大変申し訳ない気持ちになっています・・・(-_-;)
やっぱり、幹事がそうしたことをするべきではないよな・・・うん。
反省しております。

でも、できれば理解してほしいんですけど、自分としては、決して遠慮してとか自己満足的な自己犠牲からそういうことをしてたわけではなくて・・・
ただ自分は、見学の人も含めて、できるだけメンバーさんにたくさんピアノを弾いてほしかったし、できるだけ参加希望をしている人に、練習会に来てほしかったという気持ちがあっただけなんで、それを時間内にきちんとマネージメントできなかったのは、自分の力のなさの表れだったと感じています。

このところ、サークルに参加してなんですが、
本当にもう自分個人が弾いたか弾いてないかなんて、どうでもよくなってるんですよ(^^;
それよりは、メンバーさんが会に参加してくれて楽しんでくれているかということの方がよっぽど気になるし・・・
実際のところ、会を一つ重ねるごとに「自分が・・・」って気持ちがどんどん薄れてきていて、できれば、幹事として、この和やかな空気を維持できるような空調機のような存在でいたいって思っていたり・・・(苦笑)。
変でしょうか・・・(^^;
ピアノに対しての思いは、むしろ以前より高まっていますよ!
だって、メンバーのみなさんがこんなに楽しそうにピアノを弾いている姿を側で見ているのですから・・・
刺激を受けないわけはありません(^ ^)
話が訳分かんなくなってきたので、強引にまとめますが、
管理人は管理人でちゃんと練習会を楽しんでいるんです!
一部のメンバーさんには変に心配をお掛けしてしまって、大変申し訳ありませんでした。

最初の話に戻りますが、
3年後に実際、berceuseがどうなっているか、管理人がどうなっているかなんて誰にも分かりません。
でも、僕自身は3年後よりもっともっと先にあるberceuseの姿を見つめていきたいな~と思っています。
28日に行う運営ミーティングも究極的にはそのことを目的としたもの。
こんなに楽しい時間を仲間といっしょに過ごせる場所なんですから、終わりのない物語を夢見てもいいんじゃないでしょうか(^-^)


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)