大阪ピアノサークルberceuse

あなたは脱ぐ派?それとも・・・

こんばんは(^^)
今日は台風の影響もあってか風も強く、夜も幾分涼しい感じです。
でも、まだまだ暑さは続きますね・・・

前回の記事で書いた運営ミーティングに対して、
何名かの方から参加しますとご連絡をいただきました。
本当にありがとうございます!
また、参加希望のみなさんのご予定を合わせられるよう調整して、日程を決めさせていただきますね(*^^*)

さて、最近、練習会の発表タイムなどでみなさんの演奏を聴いていて、ついつい目がいってしまうのが、弾いてるみなさんの足元・・・
特に第1回目の練習会からずっと使っているベル音楽サロンのような土足不可な会場では、気になるところがあって・・・
このような会場では、普通はまずスリッパをはいて部屋にあがりますよね。
では、みなさんはピアノを弾く時に、スリッパははいたまま演奏しますか?それとも脱いで演奏しますか?

これがけっこうみなさん、まちまちで、はいたままで弾く人もいれば、脱いで弾く人もいるなど、色々・・・
ちなみに管理人は、練習会の発表タイムでは、
スリッパを脱いで弾いています(・∀・)
理由は、スリッパをはいてペダルを踏んでいると、何だかスリッパがずれてくるような違和感を感じることと
踵を立てた時に、スリッパの踵部が柔らかいため折り曲がってしまい弾きにくさを感じるためです。
ただ、じゃあスリッパを脱いで弾けば、それで解決なのかというとそうでもなく・・・
スリッパを脱いでペダルを踏むと
何だかペダルが微妙に重く感じられるのです^^;
これはこれで、細かい踏み換えが必要な場面では、
弾きにくく感じられます(-_-;)
多分、底の硬いスリッパや靴に比べると足の底は柔らかく、弾力があるため、その分ペダルを踏み込む力を吸収(?)してしまい、それが弾きにくさにつながっているのではないかと考えています(^^;
つまり、スリッパをはこうがはくまいが一長一短あるわけで、ちょっと悩んでしまうところですね・・・(^^;;

それならもう、練習用シューズでも持ち込んで弾けばいいんでしょうけど、そこまでは到ってないしね・・・^^;

berceuseの練習会の発表タイムでも、練習用シューズにはき替えて演奏される方はおられました。
やっぱり 、これが一番弾きやすいのかな・・・

でも、いざ本番だからと言って、
普段はき慣れていない靴をはいて臨んだりすると、本番の緊張やプレッシャーも重なって、何か足元に妙な違和感を感じる時があって、
これはこれで困ったりもします(^^;;
やっぱり、大事な本番前には、舞台ではく靴をはいてみての練習も必要なのかな~^^;

靴の話からはそれますが、
以前、習っている教室のピアノのペダルが重く感じることがあると先生に話した時に、こんなんがあるんよと出してくてたのがこれ・・・
DSC_0146_convert_20140810010934.jpg
アシストペダルです。
まだ足の力が弱い子どもさんなどがうよく使うのかもしれませんが、
大人の人でも、足の負担軽減に使う人がいるとのこと。
実際、僕の知っている方にも、もうこれがないとペダルが踏めないと言うぐらい愛用されている人がいて、ピアノを弾く時は常にマイアシストペダルを持参されていました(これを持ち忘れるのは、楽譜を持ち忘れるより恐ろしいとのこと・・・)。
付けて弾いてみると、確かにビックリするくらいペダルが軽い!
軽すぎて逆にコントロールが難しいくらいです^^;
確かに足の力の問題でペダルが踏みにくい人には、いいサポートになるかな?
ただ、ちょっとペダルの踏み換え時のノイズが出やすい傾向が感じられて、そこは慣れが必要かもです。

ピアノのペダルの扱いって本当に繊細で難しいですよね・・・
手元ばかりに注目しがちですが、プロのピアニストの演奏とか見てるとけっこう足さばきも華麗だったりすることに気付きました(^^)
最近はピアノのコンサートに行ってもついつい足元に注目してしまう自分です・・・(^^;;
練習会で管理人が弾いてるみなさんの足元ばかりジロジロ見てても、
どうか気にしないでくださいね!_(^^;)ゞ

さて、あなたは脱ぐ派? それとも・・・







スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)