大阪ピアノサークルberceuse

愛が全てさ・・・

仕事で大阪の北の方に出向く用事ができたので、そのついでに練習会の会場として利用しようか気になっていたピアノサロンの見学に行ってきました。

最寄の駅から歩いて5分ほどのビルの1階にあるこのサロン、
オーナーさんのこだわりを感じさせるなかなかよい雰囲気のお部屋でした(^^)
何よりオーナーさんの音楽への愛情が感じられるのが良かったです。
当初は、1時間ほど個人練習で借りてみる予定でしたが、
会場や申し込み方法の説明を受けている間に音楽話も盛り上がり、
予定の時間を過ぎてしまったために個人練習はキャンセルに・・・^^;
でも、ピアノは少し試弾させてもらいましたよ!
よく手入れのされた感のあるYAMAHAのピアノでした。
何でも数台のピアノの中からプロの人にも意見を聞いて選んだピアノだとか・・・
軽すぎる感じもなく、しっかりとした質感のタッチ・・・
会場の雰囲気もあってか少し上品な音色に聞こえました(^^)
DSC_0001_convert_20140712221221.jpg
YAMAHA S6

サロンでは、プロの演奏家を呼んでのコンサートも行っているらしく、
オーナーさん自身の色々な演奏家とのつながりから
これまでウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーやピアニストの横山幸雄さんなどが、このサロンでコンサートを行ってきたそうです。

実際にお話を聴いたり、ピアノを弾いたりしてみても、いい会場だなと思いましたが、
何よりもこの会場に、音楽のために、音楽を愛している人のためにという愛情が込められているのが素晴らしいと思いました。
DSC_0002_convert_20140712221241.jpg
床や壁も音響を考えてこだわって作っているとのこと
DSC_0003_convert_20140712221259.jpg
右にあるのは2段鍵盤のチェンバロ

愛が全て・・・なんて簡単には言えませんよね。
採算を取って商売のことも考えなければ、会場を維持できないし、
そこは愛ゆえのこだわりとの葛藤や苦労もあるみたいです。
でも、音楽を愛する人がこの会場を使って音楽を体験する喜びを感じてもらえるのが大きなモチベーションにもなっているんですよとおっしゃってて・・・
う~ん、何だか分かるかも・・・(*^^*)

自分が今、サークル運営であれやこれややっていることと
一概に同じにはできませんが、
自分がサークル運営をがんばれるのは、メンバーのみなさんの「楽しかった」という言葉、
それが今は大きなモチベーションになっています。
ピアノが好きで音楽が好きな仲間といっしょに楽しい時間を過ごしてもらって、
もっともっとピアノや音楽を好きになってもらいたい・・・
このささやかなサークルでそんなことができたら・・・
もしそれができたら、とても微力ではありますが、自分が音楽やピアノという素晴らしい世界に対して少しでも小さな貢献ができてるのかな~とそんなことも考えたりします(^^ゞ
このサロンがオーナーさんなりの音楽への愛の形だとしたら、
ピアノサークルberceuseも自分なりの音楽やピアノへの愛の形なのかな~と
見学をしながら感じました。
愛が全てとは言いませんが、愛があるからこそ物事は大きな意味を持つことがあって、
その中でがんばれることもあるかな・・・と自分の中ではそういうことにしておきます~(^^ゞ

まあそれは置いといて、いい感じの会場でしたので練習会で使用するため予約もしてきました!
また会員のみなさんには日程や会場の詳細をご報告しますね。
楽しんでいただけたら嬉しいで~す(^◇^)

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)