大阪ピアノサークルberceuse

リレー連弾の合わせ練習会を行いました♪

「12月の発表会では、リレー連弾をみんなでしてみたいです。」
まだ暑い盛りの8月の練習会での、サークルのメンバーMさんの一言から、
第4回プチ発表会(12/11開催)でリレー連弾を演奏することが決まりました♪

リレー連弾といっても、どういうものかイメージの湧かない方もおられますよね^^;
連弾というと、ふつうは1台のピアノを2人(4手)で弾きますが、「リレー連弾」というものは、その名の通りリレー式に、複数の演奏者が次々と 入れ替わって曲をつなげていくというものなんです。
言葉で説明するよりも、実際の演奏の様子を見た方が分かりやすいと思うので、
下の動画を観てみてください(*^^*)


モーツァルトの名曲をリレー連弾で演奏したもの。
編曲は、春畑セロリさんという作曲家さんです。
今回、berceuseの発表会で演奏する、リレー連弾「クリスマス・パーティーは大騒ぎ」も春畑セロリさんが参加しているユニット、TakeⅡKaysが編曲したもの。
こちらは、クリスマスの名曲をメドレーでつなげたもので、最後に全員でクラッカーを鳴らす演出が入ったりして、とっても楽しいんです♪
もともと、この曲、berceuseと仲良しの奈良のピアノサークル、ことねさんが、
サークルのクリスマス企画として昨年演奏していて、そのことを知ったMさんが、berceuseでもやってみたい!と言ってくれて、今回の実現につながりました(^^)
管理人もリレー連弾は、実際に何度か参加したことがあって、berceuseでもやってみたら面白いかもな~と思っていたんですが、でも、実際どれぐらいの人がやりたいって言ってくれるだろう?みたいな不安もあって、なかなか提案まではできませんでした^^;
だから今回、Mさんがやってみたいですって言ってくれて、メンバーさんの中からそういう声が出たのが実現につながったし、メンバーさん自身がサークルでやってみたいことを声を出して言ってくれたことがすごく嬉しいなと思いました(*^^*)

実際にサークルの中で参加者を募ってみると、
僕が思った以上にたくさんの人がやりたいって手を挙げてくれて、
演奏者の最大参加人数15名もすぐに達したほどでした(^^)
嬉しかったな~

そんなこんなで晴れて、berceuseで初のリレー連弾の披露が実現することになったのですが、できれば、発表会前に1回は通し練習もしてみたいということになり、
11/27(日)に玉造にある練習スタジオを借りて、初のリレー連弾合わせ練習会を行いました♪
当日は、雨の降るあいにくの天気だったんですが、
15名のパート中、13名が参加してくれて、とっても盛り上がった練習会となりました♪(欠席者のパートを埋めてくれた、Nさん、Kさん、ありがとうございました!)
4271.png

リレー連弾の演奏で難しいことに、演奏に入っていく時のタイミングが1つあると思います。
今回の練習会でも一番最初に行った通し練習では、その部分がなかなか合わず、演奏が止まってしまうこともしばしば・・・
でも、それぞれの演奏者さん同士で打ち合わせをしたり部分練習をしたりする中で、通し練習の回数が進むごとに演奏も流れていき、演奏者の交代もスムーズに行えるようになってきました(*^^*)
本当にみなさん熱心に取り組んでくれて、2時間の練習会、ほぼぶっ続けで弾いていたかも?
通し練習も7~8回ぐらいはできたんじゃないかな~                            
1つの曲をみんなで演奏して、練習を全員いっしょに行うってことは、ピアノではなかなかできない体験なので、それも新鮮だったな~
みんなで1つのものを仕上げていくっていうこともすごく楽しいことだな~と思いました(^^)
みんさん、真剣だったけど、雰囲気はとても楽しそうでしたよ♪
今回、演奏では参加しない管理人は、トライアングルや鈴といった鳴り物隊で参加して盛り上げます♪
当日のリハーサルで、初めて通すって人もいるけど、聴いてる人が楽しそうだな~って思える雰囲気で演奏できれば一番なので、多少のアクシデントもご愛敬で、とにかくみんで楽しく弾ければ最高だな~って思います♪
発表会は今回は、このリレー連弾が大トリなので、お祭りの最後を飾るフィナーレとして盛り上がったら嬉しいな~(*^^*)

練習会の後は、スタジオの近くのカフェでこんどはみんなでまったりと楽しくおしゃべりをして過ごしました♪
とっても楽しい1日でしたね(*^^*)
本番も本当に楽しみにしています~
当日会場に来られたみなさんもぜひぜひいっしょに楽しんでほしいです!
よろしくお願いします~
IMG_1346_convert_20161205000754.jpg





スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)