大阪ピアノサークルberceuse

第7回定例練習会@イベントスペース Slur

更新遅くなってすみません。
残すところ今年もあと1ヶ月・・・
1年早かったです~(^^;

さて、この11月16日(日)にピアノサークルberceuseの第7回定例練習会が神戸三ノ宮にあるイベントスペース Slurにて行われました。
今年最後となった今回の練習会、
会場のある三ノ宮の街を歩いているとルミナリエに向けた準備が行われていたり、
大きなクリスマスツリーが飾られているのを見ることができたりで、
もう今年も終わりに近いんだな~ということをますます実感させられました(^^;

管理人を含め、神戸に来るのは久しぶりって人も多かったようで、
駅から会場までの道を迷ったって声もあったけど、三ノ宮の駅から会場の近くまでは、まっすぐ1本の道で行けて、けっこうアクセス自体はシンプルな分かりやすいものでした。
管理人は、地元の東大阪から電車で来たのですが、近鉄だと阪神電車とつながって、そのまま三ノ宮まで行くことができるので、大変便利だったです(^^)
以前は梅田の方まで回って行ってましたからね・・・

会場である「イベントスペース Slur」は、以前はカフェの営業を行っていたというところで、内装もカフェ時代のままのちょっとお洒落な雰囲気も持ったレンタルスペースでした。
とてもきれいな会場だったです♪
ピアノは、Shigeru KawaiのSK-2というモデル。
KAWAIの高級ラインのピアノということで、管理人も弾くのは初めて。
こちらのピアノを楽しみに来られた方もおられました。
果たしてどんな音のピアノでしょう・・・?(^ ^)
無題_convert_20141201050952

練習会の方は、今回も見学の方を含めて23名参加ととても賑かな会となりました。
今年最後の練習会ということもあって、見学者の方にもたくさん参加してもらったし、今日が初参加という会員さんや娘さんを連れて参加された会員さんもいて、どことなく新鮮な雰囲気も感じられる練習会だったと思います。
和やかな雰囲気はいつも通りでしたけど(^〇^)

練習会は、始まったばかりの時間が受付をしたり、演奏順を決めるくじをひいてもらったりで、一番バタバタします。
後半、発表タイムの時間の前にその日の会費を集めているのですが、その時間もバタバタするかな・・・
今回は、事前に管理人のお手伝いをしてくれる人を募り、受付、くじ引き、タイムキーパー、会計などの仕事を分担してもらいました。
これがやっぱりとても助かって、おかげ様で会の進行もすごく管理人が気持ちに余裕を持って進められたと思います(^ ^)
みんなに上手く協力してもらうことで、管理人自身も楽になるし、会全体も落ち着いてスムーズな流れで進めることができていたので、今後もこうした形でやっていこうかな~^ ^
それ以外にも今回はホワイトボードとマグネットプレートを使用して、練習タイムや発表タイムの順番を分かりやすく決めていけるように工夫してみました。
以前は、付箋なんかを使っていたんですけど、ボードを使うことで他のメンバーさんにも順番確認をしてもらいやすくなったかな・・・?
発表タイムの時は椅子に立てかけてみんなにも見えるようにしておきました(^ ^)
DSC_0377_convert_20141201052245.jpg
順番確認用にホワイトボードとマグネットプレートを使ってみました

発表タイムは今回も聴き応えたっぷりの曲目です♪
以下が今回の演奏曲目(演奏順)。
 1.にじいろ(絢香)
 2.宝島(T-SQUARE)
 3.ロンドニ長調K485(モーツァルト)
 4.ピアノソナタ1番1楽章(ベートーヴェン)
 5.ワルツ Op.39-15(ブラームス)
 6.マズルカ第47番 Op.68-2(ショパン)
 7.幻想即興曲(ショパン)
8.結婚ワルツ~連弾(すぎやまこういち)
9.ジムノペディ第1番・2番(エリック・サティ)
10.グノシエンヌ第2番・3番(エリック・サティ
11.ソナタ K.380(スカルラッティ)
12.蓮の国(スコット)
13.樅の木(シベリウス)
14.ロマンス Op24-9(シベリウス)
15.シンフォニア 9番(バッハ
16.バラード(ブルグミュラー)
17.ハ調のプレリュード(ギロック)
18.森のざわめき(ギロック)
19.ピアノソナタK.547a(モーツァルト)
20.「平均律曲集1」よりプレリュード(バッハ)
21.ラルゴ(ヘンデル)
22.BETHENA(ジョプリン)
23.ノクターン第16番 op.55-2(ショパン)
24.家族になろうよ(福山雅治)
25.GLORIA~希望の光~(千住明)
26.桜坂(福山雅治)
27.やさしいキスをして(中村正人)
28.アベ・マリア(ブルクミュラー)

期待のShigeru Kawaiですが、とてもきれいな音のピアノだったと思います。
メンバーのみなさんからもけっこう好評でした。
会場も意外に響くお部屋で、ピアノの音がきれいに鳴っていました♪
雰囲気のいい感じの会場だったので、もう少しお値段がお安かったら、定期的に使ってみたいんですけどね~(^^;
練習会が終わり、会場を出ると外はもう真っ暗!
第1回練習会の時は、まだ同じ時間でも外は明るかったことを考えると季節の巡りもあらためて感じさせられるそんな今年最後の練習会でした(^ ^)

そして、第1回プチ発表会もいよいよせまってきました!
といっても、そんな気合いの入りまくったピリピリした感じではなくて、
ゆるく、気楽に、まったりした雰囲気の発表会を目指しています(・∀・)
ありがたいことに、参加者も外部参加の方も含めて多くの方にエントリーしていただけました。
エントリー曲目を見ていると、とてもワクワクした気持ちになってきますね♪
楽しい発表会になるように準備の方もがんばりたいと思います~(自分のピアノの練習もね・・・^^;)




スポンサーサイト

PageTop

2015年1月の練習会が決まりました(^ ^)

気付けば、今年も2ヶ月を切りましたね・・・
あっという間の1年でした(^^;
12月のプチ発表会も迫ってますが、
そろそろ来年の予定も報告せねばと思っていたところ、
ようやく来年1月の第8回定例練習会の予定が決まりました(・∀・)

ピアノサークルberceuse 第8回定例練習会

日時:2015年1月18日(日)12:00~18:00
場所:東大阪市内

2015年最初の練習会は管理人の地元の東大阪です!
ここのピアノはなかなか面白いですよ~
何が面白いかは、会員専用掲示板でご確認くださいね(^ ^)
みなさんのご参加をお待ちしています~




PageTop

たまにはコンサートでも・・・

こんにちは(^ ^)
HPや掲示板の更新もなかなか亀足状態ですみません・・・
めっきり寒くなってきましたね、いかがお過ごしでしょうか。

つい先日ですが、久しぶりにピアノのコンサートに行ってきました。
ユリアンナ・アヴデーエワさんというロシアのピアニストのリサイタルです。
この方は2010年のショパン国際コンクールの優勝者。
アルゲリッチ以来、45年ぶりの女性優勝者だったとか・・・
その時のコンクールはネットで生中継されていたため、本選の演奏は僕もPCの前で聴いていた覚えがあります。
トラブルで会場の照明が落ちるというアクシデントの中、
オーケストラと一糸乱れぬピアノを弾きまくる姿と集中力にすげ~と感動した記憶があります。
女性出演者の多くが華麗なドレスで登場する中で、
まるでジョルジュ・サンドの男装姿を連想させるような、黒のパンツスタイルの衣装もとても印象的でした。
あれからもう4年か~ 早いですね(^^;

会場は奈良の近鉄百貨店内にある秋篠音楽堂というホール。
以前から気になっていたホールなんですが、中に入るのが今回が初めてです。
百貨店のフロアのざわめきとはガラリと変わった落ち着いた雰囲気の会場・・・
とてもきれいで響きの良いホールだったと思います。
客席数も300席ぐらい?
広さもピアノのリサイタルを聴くのにピッタリですね。

今日のリサイタルのプログラムは次のようなもの。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第6番 ニ長調 K.284「デュルニッツ」

リスト:ヴェルディ《アイーダ》より 神前の踊りと終幕の二重唱 S.436
リスト:巡礼の年 第2年「イタリア」から ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲
   ***
ショパン:24の前奏曲 作品28

~アンコール~
ショパン:ノクターンop.15-1
ショパン:マズルカop.7-1
シューベルト:D946 3つのピアノ曲Ⅲ

モーツァルトのソナタからリストにショパンの前奏曲 作品28を全曲演奏と聴き応えたっぷりのプログラムです♪

1曲目のモーツァルトから、ピアノの音の美しさに惹き込まれました。
確実なテクニックとコントロール、バランス感、多彩な音色とどれも抜群に安定していて、
さすが第一線で活躍しているプロのピアニストという感じでした。
次のリストもものすごいテクニックです。
でも何だかとても涼しげに弾いているような・・・(^^;
ピアニッシモからフォルテッシモまでの音の振り幅がとんでもなく大きくてすごすぎる!
どうしたらここまでピアノをコントロールできるんだろうって思いますね~
このリストの演奏が個人的には、この日のハイライトだったかな・・・

休憩の後は、楽しみにしていたショパンの前奏曲 作品28の全曲演奏。
短い曲ごとにも本当に細やかな表現が行き届いていて、聴き惚れているうちにあっという間に全曲が終わってしまったという感じです(^ ^)
自分の好みとしては、もう少しだけゆっくりめに演奏してくれた方が、
曲のディテールがもっとじっくり感じられて楽しめたかな~と思いましたが、とても素晴らしい演奏ではありました。

それにしても、これだけの曲を通して弾きこなす、技術、体力、集中力、精神力・・・
プロのピアニストは本当にすごいですね~
演奏が終わった後も、汗ひとつかいてないようなにこやかな笑顔がとても印象的でした。
ちなみにこの日の衣装も黒を基調としたパンツスタイルの衣装。
その凛々しい姿に思わずうっとりです・・・(*^^*)
結局、アンコールにも3曲も応えてくれて、大満足のコンサートでした♪

この日のコンサートはたまたま友人がチケットをプレゼントしてくれたということがあって行くことができたコンサートですが、
たまにはこうしたプロのピアニストの演奏を聴きにホールに足を運ぶのもとても刺激になるなと感じました。
実力的には星の彼方ほどの差がある人たちですが、自分もまたピアノをがんばりたいという気持ちにさせられましたし、
あらためてピアノという楽器の素晴らしさを感じることもできました(^ ^)

みなさんもオススメのコンサートや聴きに行ったコンサートの感想とかありましたら、ぜひ教えてほしいです~

たまには、コンサートでもいかがですか(^ ^)

DSC_0357_convert_20141102053258.jpg



PageTop