大阪ピアノサークルberceuse

会員さんのコンサートのご案内

会員さんがコンサートを開かれるということなので、ご案内します。


もりの くるみ ピアノライヴ
Piano Live !vol.5
Birthday 10th Aniversary

2014年 11 月 9 日 [日]
14:00開場 14:30開演
ノワ・アコルデ音楽アートサロン
http://www.ne.jp/asahi/noix/accordees/salon/
チケット 2,000円

Program
ナザレー「フォンフォン」「プリモローザ」
ゴメス「華麗なる大円舞曲」
チャイコフスキー=プレトニョフ バレエ 「くるみ割り人形」 から 「インテルメッツォ」
グラズノフ「ワルツOp.42-3」
フォーレ「ノクテュルヌOp.33-2」
モシュコフスキ「愛のワルツ」
ブルグミュラー「華麗なる円舞曲Op.89-4」
ウェーバー「ロンド ブリランテ」他

■ 電話予約・マネジメント 
ミュージック・アート・ステーション TEL 06-6836-7067
■ メール予約  もりのくるみ kurumi_morino_piano@yahoo.co.jp

Profile
もりのくるみ
3歳~小6までピアノ、社会人になって6年エレクトーンを習い、2004年ピアノを独学で再開。以来、曽根崎警察「NESSO " with "コンサート」、ムーブ21「土曜ステージ」、弥生文化博物館「やよいミュージアムコンサート」、神戸花鳥園「花園コンサート」、ホテルエルセラーン「アフタヌーンコンサート」への出演、ソロライヴの開催、レストランやラウンジでの演奏、一般公募の演奏会への出演、音楽サークルやピアノコンクールへの参加など、活発に演奏活動を行う。2008年よりピアノ講師としても稼働。演奏に指導に、ピアノの楽しさと音楽の素晴らしさ、奏でる喜びを伝えたい!マイナーながら魅力的な楽曲を紹介していきたい!音楽で人々を幸せにしたい!と日々活動中♪♪

10689679_554153211384884_2171574915680255584_n_convert_20141026151952.jpg


*会員さんで自分の出演するコンサート、イベント、発表会等、アナウンスしたい情報があれば、管理人にご相談ください。
ブログ、掲示板等に掲載することができます。


スポンサーサイト

PageTop

第6回練習会@ブルーム音楽館

報告が遅くなりましたが、10/5(日)、桃谷にあるブルーム音楽館にて、ピアノサークルberceuseの第6回定例練習会が開催されました。当日は台風の接近も心配される中、見学の方を含めて22名もの方に参加していただけました
(^^)

このブルーム音楽館、マンション1階の1室を改築したような作りになっているのですが、会場のあるマンションと同じ名前のマンションが近隣に点在していて、久しぶりに車で会場まで来た管理人は見事に迷ってしまいました(^^;
遅刻しそうで焦りました~
電車で来られた方はスムーズに会場まで着けたみたいですね(^-^)

会場自体もこういう作りのためか室内はHPで見た感じよりよりも狭い印象でした。
椅子は教会にあるような木製の長椅子が置いてあり、壁にはステンドグラス風のガラスがはってあったり、ほんと小さな教会のような雰囲気です。
DSC_0349_convert_20141015204102.jpg

DSC_0350_convert_20141015203416.jpg

ピアノはYAMAHAのC1が1台。鍵盤のタッチが重いという声が聞かれましたが、自分が弾いた印象はそれほど弾きにくいこともなかったです。けっこうきれいに音も鳴っていました。
DSC_0348_convert_20141015203327.jpg
YAMAHA C1

そんな感じで、練習会は定刻通りにスタートしたわけですが、
今回はいつもフォローをしてくれる副管理人さんが別用でいなかった(遅れての参加)ためか、はじめは進行もけけっこうバタバタ(管理人がですね^^;)・・・
あせっている姿を見るに見かねてかメンバーさんのお一人が絶妙なフォローをしてくれて、何とか落ち着いて会を始めることができました(ポゴさん、ありがとうございます^^)

練習タイムは、いつものように練習されるみなさんのピアノの音を楽しみつつ、おしゃべりもしたりと和やかな時間が流れます。お話の時によくするのがお互いの持ってきた楽譜の見せ合いっこ。他の人が使っている楽譜を見せてもらったりするとほんとへ~って思うような発見がありますね(^^)
今日、たまたま楽譜を見せてもらった方は、久石譲さんの作品をよく弾かれているということで、久石譲さんの作品集の楽譜を見せてくれました。「次はこれ弾こうかと思ってるんですよ。」と教えてくれたので、見るとそれは、「金曜ロードショーのテーマ」(水野晴郎が司会だったやつですね)。へ~これ久石譲さんの作曲だったんですね~ 他にもキャラメルコーンのCMに使われた曲が久石譲さんの作曲であることが分かったり、意外な発見がたくさんあって楽しかったです(^^♪

練習タイムが終わると、気楽な発表の時間。
今回も聴き応えたっぷりの曲目が並びました。

(曲目は演奏順)
 1.i・no・ri(西村由紀江)
 2.夏の思い出(松下奈緒)
 3.Innocent (久石譲)
 4.人生のメリーゴーランド(久石譲)
 5.「ラルゴ」(ヘンデル)
 6.「ルーマニア民族舞曲 」(バルトーク)
 7.月の光(ドビュッシー)
 8.カノン(パッヘルべル)
 9.ピアノ協奏曲第一番(バッハ・連弾)
10.『雨だれ』(ショパン)
11.BELIEVE(杉本竜一・連弾)
12.GLORIA~Appassionata~(千住明=石坂慶彦)
13.無言歌集より Op.19-4 イ長調(メンデルスゾーン)
14.エチュード Op. 8-2 嬰ヘ短調(スクリャービン)
15.ソナタ15番 第3楽章 k.545(モーツァルト)
16.「子犬のワルツ」(ショパン)
17.15の即興曲 15番「エディットピアフを讃えて」(プーランク)
18.8つの演奏会用エチュード 1番「プレリュード」(カプースチン)
19.イタリア協奏曲3楽章(バッハ)
20.ソナタ K.V.576 第1楽章(モーツァルト)
21.even if(平井堅)
22.少年時代(井上陽水)
23.ピアノソナタハ長調hob35の第一楽章(ハイドン)
24.ベルスーズ(フォーレ・連弾)
25.マズルカ第45番 Op.67-4(ショパン)
26.プレリュード第15番 Op.28-15「雨だれ」(ショパン)
27.羊飼いの家路(ブルグミュラー)
28.トルコ行進曲(モーツァルト)

これだけたくさんの人が弾いていても、当日の発表タイムで同じ曲を弾く人が重なるということはこれまでなかったのですが、今回は同じ曲を弾かれた方がお二人ほどおられました。
やはり同じ曲とはいえ、演奏者が変わると曲に対するアプローチが違うのが分かります。どちらの演奏もすてきなポイントがいくつもあったのですが、そのポイントもやっぱり違っていたり・・・とても興味深く聴くことができました
(^^)
同じ発表タイムの中で同じ曲を弾くというのは抵抗があるって人もいるかもしれませんが、あまり意識せずに弾きたい曲をぜひ弾いてほしいなと思います。弾く方も聴く方もきっと色々な発見があると思いますよ!
みなさんすてきな演奏をありがとうございます(*^^*)

余談ですが、この日も何組か連弾をされるということで会場側にもう1脚ピアノの椅子はないかとたずねたところ、ないとの返答・・・
仕方がないので管理人のピアノの先生に頼んで椅子を借りて持っていったのですが、この椅子が会場のピアノの椅子ととてもよく似たタイプのもので(あまりないタイプだと先生も言っていましたが・・・)、片付ている最中にどっちが先生から借りたものか分からなくなってきて焦りました・・・
^^;
結局、LINEで先生に連絡を取って確認してもらい、何とか解決。
今度は印でも付けて借りないと・・・(^^;

色々ありましたが今回も楽しい練習会となったと思います。
参加してくれたみなさんに感謝です!



PageTop

初めての運営ミーティング

午前のプチ練習会の後、同じ施設内にある会議室を使って、サークルの初めての運営ミーティングを行いました。
ミーティングの出席者は、管理人、副管理人、参加を希望してくれたメンバーさんの11名。
少ない人数だったら、どこかのカフェで打ち合わせ風のまったり会議でもと思っていましたが、予想以上に多くの方が参加を希望してくれたため、きちんとした会議室を借りての会議となりました。机を取り囲んでの話し合いは正に会議という雰囲気・・・少し緊張しますね(^^;
貴重な時間を割いて集まってくれたみなさんに感謝いたします。

ミーティングは、事前にメンバーさんにいただいたアンケートの結果と管理人が作成した資料をもとに、現在のサークルの状況をみんなで確認したり、課題となる議題についてみんなから意見を聴く形で進めていきました。
DSC_0339_convert_20141103154711.jpg
当日配布した資料 けっこうがんばって作りました・・・(^^;

今回のミーティングで話し合った議題は大きく3つになります。
1つ目は、サークルの方針や規約(会則)に関すること。
ピアノサークルberceuseの理念や方針は、管理人のピアノやピアノサークルに対する思いから作られたものですが、それをもう一度メンバーのみなさんと確認し、共有してもらいながら、サークルの規約についてみんなからの意見をもらいました。考えてみたら、berceuseにはまだきちんとした会則のようなものは整ってなくて、HPにあるお願いやQ&Aがいわば会則なようなもの。もう少し整理した方がいいかな~と思う事項もいくつかあって、例えば、会員募集や定員に関する考え方、活動費用に関する考え方等々。細かいところではキャンセル料金のことだったり、退会処理に関する規定であったり、子どもさん連れでの活動への参加をどう思うかというようなことも意見として挙がってきました。
みなさんの意見や話し合いの中で、結論が出たものもあれば、はっきり結論付けないものもあったけど、今後の規約(会則)作りに関して、一定の方向性は見い出せたかなと感じています。やはり人数が大きくなっていくと一定の約束事がないとみんなが混乱してしまう場合があるし、様々な意見や考え方がある中で、ピアノサークルberceuseとしての理念や方針をきちんと説明することは大切なことかなと思いました。

2つ目は、サークルの企画についてです。
1つ目の議題に比べるとぐっと楽しく盛り上がった議題ですね(^ ^)
来年のやってみたい企画に関しては、色々楽しいものも出されました。
お花見練習会、コスプレパーティー、テーマを決めての練習会等々・・・
個人的に面白いなと思ったのがテーマを決めての練習会。
挙がったテーマも、ツェルニーの会、ブルクミュラーの会、バイエルの会、平均律の会、ノクターンの会、ベートーヴェンの会、フランスものの会、水がテーマの会、乗り物がテーマの会、ハ長調の会など盛り沢山です(^^;
練習会の企画として、一度作ってみようかなと思いました♪
なかなか日々の予定の中に、定例練習会に加えて企画ものも盛り込んでいくとなるとかなりの実行力がいるんですが、楽しそうなものはぜひ実現していきたいと考えています。
何かやってみたいことがあったら、これからもどんどん教えてくださいね~

3つ目は、サークルの運営面に関して。
管理人の業務を分担して、チームで運営していくことも提案されましたが、具体的なことは時間的なこともあって、はっきり決まらずでした。今後の課題ですかね・・・

今回こうして、ミーティングや事前のアンケートを通して分かったのは、メンバーさん一人ひとりが本当にたくさんの意見や思いを持ってサークルに参加してくれているとうこと。
その意見や思いに全て応えていくことは難しいのですが、
メンバーさんが増えてくればくるほど、サークルとして管理人として、理念や方針、今後のビジョンをしっかり持つことが落ち着いたサークル活動をしていくのに必要になってくるなと感じました。
あと、管理人について言えば、もっとみんなのヘルプや協力を求めてサークル運営を行っていってもいいんじゃないかという気持ちにもなりました。
実際にチームとしての運営体制を作っていくには、現状では色々な課題もあると思うけど、長くサークル活動を行っていくには、考えた方がいいことなのかもしれませんね・・・

色々と準備は大変だったのですが、こうしてみなさんの意見や考えを聴く機会を持つことは本当に有意義なことだったと思っています。
あらためて日頃、サークル活動に協力してくれているみなさん、今回の運営ミーティングに協力してくれたみなさんに感謝いたします。
これからもがんばりますので、どうかよろしくお願いしますね~(・∀・)

*当日のミーティングの議事録をゆきさんが作ってくださいました。メンバーさんで希望される方には配布いたしますので、希望の方は管理人までご連絡ください。

PageTop

プチ練習会 vol.1@プチ・エル

報告が大変遅くなってしまいましたが、9月28日(日)に天満橋にある大阪府立労働センター(エル・おおさか)のプチ・エルにて、初めてのプチ練習会を開催しました。
このプチ練習会、ふだんの定例練習会の参加者がこのところ20名を超える状態になってきているため、もう少し少人数の短い時間でゆるくできるような練習会の形も作れないものかと企画してみたものです。
今回は午後から、サークルの運営ミーティングを同じエル・おおさかの会議室で行うことになっていたため、これまた初の午前中開催の練習会となりました♪
午前の3時間での開催、少人数ということもあって、10名の参加枠を設定して参加募集を行ったんですが、結局当日は見学希望の方を含めて9名の方が参加。思ったより反応がなかったのは、やはり午前開催だったためでしょうか・・・?
とはいえ、9名ぐらいの人数ですと、やはり進行もゆるゆると気持ちに余裕を持って進められますね(^^;
タイムスケジュールもいつもほど気にすることもなくそれぞれが思い思いにピアノに向かえたと思います。

プチ・エルのピアノは何とコンサートホールによく置いてあるスタインウェイのフルコン、D-274です!
ちょっとタッチは軽めな感じかな?コンデションに少しバラつきがあるようにも感じましたが、スタインウェイのフルコンで練習できる機会は貴重ですね(^ ^)
DSC_0052_convert_20140202092059_convert_20141103154612.jpg
スタインウェイD-274

プチ練習会ではいつもの定例練習会のようにまとまった発表タイムの時間を作りませんでした。
でも、今回は2名ほど本番(教室の発表会)に向けての練習がしたいということで、自分の持ち時間の中で発表タイムを作って演奏してもらいました。
お1人の方は、近々予定の教室の発表会がまさに今日のこの会場で行われるということで、袖からの登場も含めての人前練習です(^ ^)
本番と同じ会場、ピアノでの人前リハーサルは心強かったかな?
緊張されたと言っていましたが、とてもきれいに持ち曲を披露してくれました♪

参加されたみなさんとお話するのもこれぐらいの人数だと全員とゆっくり話せる感じがします。何となく時間の流れもゆっくり感じられますね(^ ^)
いつもの定例練習会も賑やかだけど和やかな雰囲気があるし、発表タイムも色々な曲がたくさん聴けて楽しいのですが、こうしたゆるりとした練習会もたまにはいいかな~と感じました。
色々な参加の形があってもいいと思うし、今後もこうした少人数での練習会を企画していってもいいかもです。
ぜひ機会があった時は参加してみてくださいね(*^^*)



PageTop