大阪ピアノサークルberceuse

今後の予定(追加できまったもの)

今後の活動予定について、現在出ている分に追加して決まった予定を書いていきますね。
会場等の詳細については、サークル会員の方は会員専用掲示板で確認してください。

・プチ練習会vol.1 
 9月28日(日)9:00~12:00
 大阪市内のレッスンスタジオにて
 参加募集人数10名程度

*当日の午後に同施設内の会議室において、サークル運営ミーティングが行われますが、偶然、スタジオの方が午前中空いていたので、少人数の練習会を開いてみることにしました。午前に練習会を行うもの初試みです。


・サークル運営ミーティング
 9月28日(日)13:00~
 大阪市内の公共施設会議室にて

*以前、掲示板、ブログの方で参加を呼び掛けた、サークルのあれやこれやについてみんなで話し合う「運営ミーティング」を上記の日程で行います。参加者が少なかったら、カフェででもしようかなと思っていたのですが、ありがたいことにたくさんの方が参加を希望してくださったので、会議室を借りての開催です。わいわいとお話しながらみなさんの意見をお聞きしたいので、どうか気楽に参加してください。参加を希望してくださった方に、近日中にご案内メールを送信します。現時点での参加の有無を教えてください(要返信)。よろしくお願いします。


・第7回定例練習会
 11月16日(日)12:00~18:00
 神戸市内のレンタルイベントスペース

*既に練習会のレジュメ等では日程、会場のアナウンスはしていましたが、第7回定例練習会を上記の日程、会場で開催します。当初はカフェ練習会として企画を進めておりましたが、会場の方が9月からカフェ業務を停止して、レンタルイベントスペースとしてリニューアルされるということで一応、通常の練習会という形で開催します^^;
会場の内装等は以前のカフェの時のとほぼ変わらないそうなので、雰囲気的にはカフェ練習会っぽいかな・・・?(^^;
事前に連絡すれば、軽食、ドリンク等もオーダーできるそうです。飲食も持ち込めるそうなので、まったり練習会という感じにいきましょう!また、どんな感じか見学もしてきますね。

色々と予定も入ってきてはおりますが、ご自分の都合に合わせて、ぜひ気楽に参加していってくださいね(^^)
よろしくお願いしま~す。


スポンサーサイト

PageTop

第4回練習会@YOSHUホール

今年の夏は暑いのに加えて、雨がよく降りますね・・・(-_-;)
今日の朝も傘を持っていこうかどうしようか迷うような空模様・・・
そんな中、ピアノサークルberceuseの第4回定例練習会が行われました。
今日の会場は松屋町にあるYOSHUホールというミニレンタルホールです。
今まで利用していた阿倍野のベル音楽サロンから、初めて会場を変えての練習会。
berceuseで利用するのは初めてというばかりでなく、管理人個人にとっても初めて利用する会場です。
そういうこともあって、楽しみな反面、勝手が分からず、ここはどう使えばいいんだろう、あれはどこにあるんだろうということが会場に来てからたくさん出てきて、メンバーのみなさんにはご迷惑をかけました・・・(;・∀・)
結局、少し経ってから来てくださったオーナーさんに聞くことで無事解決・・・^^;
ちなみに、ここはビルの2Fに作られたホールですが、全体的に木の手触りが感じられるようなナチュラルな内装がされており(観覧席も木製です)、なかなか良い雰囲気です(^^)
併設のサロンは、想像していたより広めの大きさで、
ホールはberceuseぐらいの規模のサークルにはちょうど良いぐらいの大きさのホールでした♪
ピアノはYAMAHAのC5。
まあまあ弾きやすいという意見が多かったように思いますが、なぜか鍵盤が少しベタベタしてるという意見も・・・
こんな天気による湿気のせいなのでしょうか・・・
謎ですね~(^^;

今回の参加者は見学の方も含めるとこれまでで最多の23人!
本当にメンバーさんの数も増えてきたんだな~と実感しました(^^)
これぐらの人数だとさすがにスケジュール進行もかなりタイトなもので、
今回は時間短縮のため、練習タイムの時点で順番をくじで決めてもらい、その順番で発表タイムも弾いていきました。
そういうわけで、挨拶もそこそこに練習タイムスタート!
練習タイムが始まるといつものようにメンバーさんが弾くピアノの練習の音をバックに、和やかなおしゃべりの時間が始まります(^^)
練習会もこれでもう4回目、回を重ねるごとにメンバーさん同士もすごく打ち解けてきて、それぞれに色々な交流の輪が広がってきているのが分かり、とてもいい感じですね(^^♪
楽譜を見せ合って情報交換したり、連弾しましょうって話も自然に聞こえてきたり、
やっぱり、たくさんの人と知り合えて、色々な繋がりの中で音楽やピアノを楽しめるのがサークルの醍醐味、楽しさだな~とあらためて思いました(*^-^*)

管理人の方は、時計を睨みつつ、タイムキーパーや進行実務をしたり、その合間にメンバーさんとお話をしたりとちょっとバタバタしてたところもあって、メンバーのみなさんや見学のみなさんにも気遣いが行き届かない場面が多々あり、ご迷惑をかけましたが、副管理人のゆきさんのとても落ち着いたフォローのおかげで何とか予定の時間通りに会を進めていくことができました(^^;
色々、ご不便かけてすみません・・・(;・∀・)

練習タイムの後の発表タイムは18名が参加。
今回も聴き応えたっぷりの充実の曲目です!

発表タイム演奏曲目(演奏順)

 1.ワルツ第9番 Op.69-1「別れのワルツ」(ショパン)
 2.映画「風の谷のナウシカ」より 鳥の人(久石譲)
 3.映画「となりのトトロ」より となりのトトロ(久石譲)
 4.ソナチネ 第1楽章、第2楽章(ラヴェル)
 5.「ありがとう」ピアノバージョン(水野良樹/松下奈緒)
 6.手紙(西村由紀江)
 7.即興曲 Op.90-1(シューベルト)
 8.ソナタ K380(スカルラッティ)
 9.カノン(パッヘルベル)
10.ピアノ協奏曲第一番第一楽章(バッハ・連弾)
11.王宮のトランペット(すぎやまこういち・連弾)
12.ピアノソナタ 第14番 『月光』全楽章(ベートーヴェン)
13.軍隊ポロネーズ(ショパン)
14.(シークレット)
15.コンソレーション第3番(リスト)
16.(THEY LONG TO BY)CLOSE TO YOU「遥かなる影」
(BURT BACHARACH~カーペンターズ)
17.THE LONG AND WINDING ROAD「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」
(LENNON=MCCARTNEY~THE BEATLES)
18.FOR ALL WE KNOW「ふたりの誓い)」
(FRED KARLIN~カーペンターズ)
19.天使の合唱(ブルグミュラー)
20.ソナタ 第12番 K.332 3楽章の抜粋(モーツァルト)
21.ソナタ K.545 1楽章 (モーツァルト)
22.エチュード Op.10-8(ショパン)
23.ソナタ 第23番 Op.57 「熱情」3楽章(ベートーヴェン)
24.家族になろうよ(福山雅治)
25.4つの小さな夢の歌(吉松隆)
春:5月の夢の歌
夏:8月の歪んだワルツ
秋:11月の夢の歌
冬:子守歌
26.K570の2楽章(モーツアルト)
27.めぐり逢い(アンドレ・ギャニオン)
28.24のプレリュードOp.53No.9(カプースチン)
29.8つの演奏会用エチュードOp.40No.1プレリュード(カプースチン)
30.ワルツop69-2(ショパン)
31.フランス組曲2番アルマンド(バッハ)
32.ソナタ K9(スカルラッティ)
33.飾らずに(ジャンクレルグ)
34.プレリュード第20番(ショパン)
35.コンソレーション(ブルグミュラー)
36.シュタイヤー舞曲(ブルグミュラー)
37.pure water(西村由紀江)

バロック時代の曲から近現代の曲、ポピュラー音楽やゲーム音楽まで、本当に幅広い曲が聴くことができ、楽しめました♪
連弾演奏も2組あり、これからアンサンブルでの演奏も徐々に増えてきたら嬉しいかも・・・(^^)
あと、今回ドレスリハーサルがしたいということで、3人のメンバーさんが、
舞台で着る衣装で発表タイムの演奏をしてくれました。
それだけで、何となく雰囲気が華やかになりますね(*^▽^*)
見ているこちらも楽しめました♪
わざわざ衣装を持って参加してくれた皆様ありがとうございます~

ほんとに今日は、無事時間通りに終わるか、そればかりがドキドキな管理人でしたが(^^;
メンバーのみなさんの協力のおかげで何とか予定時間内に終了~
今日の練習会も和やかで暖かい雰囲気の会になったと思います。
いつも楽しんで参加してくださるメンバーさんには、本当に感謝しています。
また、次回もみんなで楽しい時間を作っていきましょうね~(^O^)/

DSC_0323_convert_20140826012739.jpg
今回バタバタとしていて、会場写真を撮り忘れ・・・(トホホ) 
写真は、練習会で配布しているスケジュールと発表タイムの曲目表を書いたレジュメ。真ん中のカードはYOSHUホールのポイントカード(^^;

PageTop

思い出の更新

こんにちは(^ ^)
お盆のこの時期、お休みを取られている方の中には、
田舎に帰省するという方もおられると思います。
管理人もその中の1人。
子ども等、家族を連れて山口の岩国にある実家に帰ってきました。

地元を離れてもう20年近く経ち、帰る度に街並も変わってきているのを見ると、
自分の中に記憶される以前の街の風景との違いに違和感を感じることも多くなってきます。
実家の方も自分が家にいない間、大きな改修を何度か行なっているので、かつての自分の部屋も大きく様変わりしていて、
もうここにも自分の思い出の残存があまり残っていないような気がして、
少し寂しい気持ちになったりもしました。

そんな折、つい懐かしさもあって、昔の自分の本棚を漁っていた時に
見つけてしまったのが、この本・・・
DSC_0313_convert_20140817102641.jpg
『ピアノレパートリー事典(春秋社)』と『弟子から見たショパン-そのピアノ演奏法と演奏美学(音楽之友社)』の2冊の初版本。
実は、どちらの本も自分で買ったものではなくて、人から借りたもの・・・
ピアノに興味を持つようになったきっかけを作ってくれた大学の時の友人が貸してくれたものでした。

「ピアノレパートリー~」の方は、ピアノ曲を作曲家別にまとめたカタログ的な内容で、
ちょっとした解説も載っているので読みやすいし、楽譜等の情報も載っているので、なかなか便利な本だったりします。
元々、カタログやガイド本の類が好きなこともあって、何気に開いてはよく眺めていた本でありました(^^;
「弟子から見たショパン~」の方は、ショパンの演奏美学や教育法、レッスンの様子等をショパンの弟子たちの言葉を交えながら解説した本で、
作曲家ショパンのピアノや演奏、教育に関する興味深いエピソードが豊富な資料を元に書かれていて、
これもまた、当時、友人の影響でショパンの魅力にハマりつつあった自分がよく読み返していた本でした。

その後、借りたまま何となく返すタイミングを逸し、自分の手元にず~っと置いたままになっていて、
最後は呆れてしまったのか、友人に、「もう差し上げるわ~」と言われてしまい、まんまと借りパクしてしまった思い出の品なのでした・・・(おいおい^^;)

その後、卒業、就職、引越しと繰り返す中で、
何故か本は実家の方へ行き、忘れられたかのように自分のかつての本棚の中にひっそりと眠っていたのです。

実はその後、どうしてもまた、これらの本が読みたくなり、改訂された新版の方も購入しています(^^;
その後、友人に再開した時に、そういえば・・・とこの本のことが話題になり、
所在不明なことを謝るとと大いに呆れられました・・・^^;
まさか実家の本棚に眠っているとは・・・
すみません・・・(-_-;)

この本、新版と旧版では装丁が全然違っていて、
パッと見は別の本のよう・・・
オリジナルと再販されたものでは、概してオリジナルの方がいい味を出していることが多かったりして、
僕も、この本は初版の方が装丁もどことなくいい雰囲気があるように感じられ好きだったりします・・・
「ピアノレパートリー~」の方は、再販の方が情報量も書き足されて内容は充実していると思いますが、
初版の方は、作曲家の顔写真(ない時代のは、絵)なんかも載っけていたりして、
こっちの方が観てて楽しいんだけどな~(・∀・)
DSC_0314_convert_20140817102544.jpg
上が新版、下が旧版
旧版は作曲家の顔も分かるのが楽しい(・∀・)

これらの本を初めて手にして10何年近く・・・
その当時の思い出は、何度か更新されていき、本自身も新しい形に改訂されました。
そしてこの本を紹介してくれた友人が亡くなって、もう3年・・・
心の中の悲しい思いも、何度か更新され、あの時よりは幾分か柔らかくなってきたようにも思います。

ただ、実家の本棚に、あの当時のままひっそりと眠っていた本を発見し、中を開いてみると、
あの頃の懐かしい思い出が鮮やかに蘇ってきて・・・
その時、あの時のままに
更新されたくない思い出も確かにあるんだな~って思いました。

突然に彼方にいるあの人との思い出がよみがえる。
ありがとうとつぶやいてみる。
再開できてよかった~(´∀`)


PageTop

あなたは脱ぐ派?それとも・・・

こんばんは(^^)
今日は台風の影響もあってか風も強く、夜も幾分涼しい感じです。
でも、まだまだ暑さは続きますね・・・

前回の記事で書いた運営ミーティングに対して、
何名かの方から参加しますとご連絡をいただきました。
本当にありがとうございます!
また、参加希望のみなさんのご予定を合わせられるよう調整して、日程を決めさせていただきますね(*^^*)

さて、最近、練習会の発表タイムなどでみなさんの演奏を聴いていて、ついつい目がいってしまうのが、弾いてるみなさんの足元・・・
特に第1回目の練習会からずっと使っているベル音楽サロンのような土足不可な会場では、気になるところがあって・・・
このような会場では、普通はまずスリッパをはいて部屋にあがりますよね。
では、みなさんはピアノを弾く時に、スリッパははいたまま演奏しますか?それとも脱いで演奏しますか?

これがけっこうみなさん、まちまちで、はいたままで弾く人もいれば、脱いで弾く人もいるなど、色々・・・
ちなみに管理人は、練習会の発表タイムでは、
スリッパを脱いで弾いています(・∀・)
理由は、スリッパをはいてペダルを踏んでいると、何だかスリッパがずれてくるような違和感を感じることと
踵を立てた時に、スリッパの踵部が柔らかいため折り曲がってしまい弾きにくさを感じるためです。
ただ、じゃあスリッパを脱いで弾けば、それで解決なのかというとそうでもなく・・・
スリッパを脱いでペダルを踏むと
何だかペダルが微妙に重く感じられるのです^^;
これはこれで、細かい踏み換えが必要な場面では、
弾きにくく感じられます(-_-;)
多分、底の硬いスリッパや靴に比べると足の底は柔らかく、弾力があるため、その分ペダルを踏み込む力を吸収(?)してしまい、それが弾きにくさにつながっているのではないかと考えています(^^;
つまり、スリッパをはこうがはくまいが一長一短あるわけで、ちょっと悩んでしまうところですね・・・(^^;;

それならもう、練習用シューズでも持ち込んで弾けばいいんでしょうけど、そこまでは到ってないしね・・・^^;

berceuseの練習会の発表タイムでも、練習用シューズにはき替えて演奏される方はおられました。
やっぱり 、これが一番弾きやすいのかな・・・

でも、いざ本番だからと言って、
普段はき慣れていない靴をはいて臨んだりすると、本番の緊張やプレッシャーも重なって、何か足元に妙な違和感を感じる時があって、
これはこれで困ったりもします(^^;;
やっぱり、大事な本番前には、舞台ではく靴をはいてみての練習も必要なのかな~^^;

靴の話からはそれますが、
以前、習っている教室のピアノのペダルが重く感じることがあると先生に話した時に、こんなんがあるんよと出してくてたのがこれ・・・
DSC_0146_convert_20140810010934.jpg
アシストペダルです。
まだ足の力が弱い子どもさんなどがうよく使うのかもしれませんが、
大人の人でも、足の負担軽減に使う人がいるとのこと。
実際、僕の知っている方にも、もうこれがないとペダルが踏めないと言うぐらい愛用されている人がいて、ピアノを弾く時は常にマイアシストペダルを持参されていました(これを持ち忘れるのは、楽譜を持ち忘れるより恐ろしいとのこと・・・)。
付けて弾いてみると、確かにビックリするくらいペダルが軽い!
軽すぎて逆にコントロールが難しいくらいです^^;
確かに足の力の問題でペダルが踏みにくい人には、いいサポートになるかな?
ただ、ちょっとペダルの踏み換え時のノイズが出やすい傾向が感じられて、そこは慣れが必要かもです。

ピアノのペダルの扱いって本当に繊細で難しいですよね・・・
手元ばかりに注目しがちですが、プロのピアニストの演奏とか見てるとけっこう足さばきも華麗だったりすることに気付きました(^^)
最近はピアノのコンサートに行ってもついつい足元に注目してしまう自分です・・・(^^;;
練習会で管理人が弾いてるみなさんの足元ばかりジロジロ見てても、
どうか気にしないでくださいね!_(^^;)ゞ

さて、あなたは脱ぐ派? それとも・・・







PageTop

ピアノサークルberceuse 運営ミーティングのご案内

ピアノサークルberceuse会員の皆様へ

今年の3月24日に初めてサークルのHPを立ち上げて、
4ヶ月ちょっとが過ぎました。
初めて入会希望のメールをいただいた時の嬉しさは今でもよく覚えています(^ ^)
今では、会員さんも30名を超えるところとなり、本当にこの短い間にたくさんの方に入っていただけたんだな~と思うところです。
メンバーさんが集まってこそのサークル活動なので、本当に恵まれたことだったんだなと思っています。
この生まれて間もないサークルが実際こうして月1回の練習会を行なって活動できるのも、
この間、みなさんが積極的に参加してくれて、一人ひとりが協力的に会を盛り上げてくれたからこそだと感じています。
本当に感謝しています。
これからも参加していただいたみなさんが、このサークルに入ってよかったなと思っていただけるような楽しい活動を行なっていきたいです。

そこで今回、よりよいサークル活動を作っていくために、
メンバーのみなさんとサークルの運営に関するミーティングを行なってみようと考えてみました。
これまでは、サークルの運営に関して、副管理人さんに意見を聴くことはあっても、
ほぼ全てに渡って管理人主導で運営、企画を執り行ってきましたが、
人数、規模も大きくなってくる中で、このようなやり方でよかったのかと悩む場面も多く、
今後は副管理人さんやメンバーのみなさんの意見や希望も積極的に取り入れながら、
よりみなさんが楽しめる活動内容を作っていきたいと思っています。
また、運営面でも、もし協力していただけるなら、
分担できるところを担ってもらい、このサークルがメンバーみんなの協力の中で作りあげられているという形を模索していきたいと思います。

まだ、漠然とはしていますが、
ミーティングでは以下のことについて、参加されたみなさんに確認、意見をいただけたらと思っています。

1. サークルの現状に関する意見と今後の活動方針、方向性について
2. 来年(2015年)の活動、企画についての案
3. サークルの運営体制について

berceuseをもっと楽しいサークルにしていきたい、こんな企画を行なってみたい、運営に関する意見等々、サークルをよりよいものにしていくことに関して積極的に考えてくださる方なら、どなたでも参加していただけます。

参加してもよいと思われる方は、ぜひ管理人の方までご連絡ください(自主的な参加が望ましいため、個別に管理人の方から参加お願いのメール等は送りません)。
とりあえず、8月31日まで参加希望を募らせていただきます。
ミーティングの日程は8月が管理人が多忙なため、9月以降で考えています。
参加希望の方の予定をできるだけ合わせる形で開催しようと思っています。

ぜひ、今後のberceuseのために、みなさんのお力をお貸しください!
気楽に参加してくださいね(^^)

ピアノサークルberceuse管理人:kazu

PageTop

いっしょに弾こうよ

こんにちは~(・∀・)
第3回練習会からもう1週間が経ちますね。
早いな~^^;

3回目ともなると全体の雰囲気も、慣れてきたためか、
すごく打ち解けた雰囲気になってきているように感じます。
練習会の後、有志で2次会なども行われたそうで、
楽しかったと聞いています(^ ^)

もうひとつ、ちらほらと話が聞こえてきたのが、
連弾でもしませんか~というお話・・・
なかには、もうさっそく曲も決まり、
次回練習会で披露しますと教えてくれた方もおられました(^ ^)

かくいう管理人も連弾やアンサンブルは大好きで、
第1回練習会では、発表タイムでchikaさんと連弾演奏もしたし、
習っているピアノ教室では、先生の娘さんと毎年、連弾演奏していて、
もう3年近くになろうとしています。
多分、学生時代にやってたバンドやオーケストラの経験もあると思うんですけど、
自分が弾く音に他の人の音が混ざり合う、あの独特な緊張感、一体感がたまらないのです(^-^)

ただ、何分ピアノの経験、技術については未熟なため、
やれることも限られたり、譜読みも遅かったり、緊張しいなため本番で失敗したり・・と
相方さんにはご迷惑をかけたことは数知れずですけど・・・(^^;

相手の方も忙しかったり、お互いに忙しい中、選曲にも気を遣うことがあったりするのですが、
そんな中で最近、面白いなと思ったのが、この楽譜。
DSC_0004_convert_20140803013823.jpg
原曲がそのままひける『ふたりのブルグミュラー25の練習曲』連弾伴奏集

たまたま、ブルグミュラー25の練習曲に取り組んでおられるメンバーさんと連弾しましょうか~という話になった時に見つけました(^ ^)
この楽譜、プリモの部分は全く原曲と同じで、セコンドだけ後から作曲したものをくっつけて連弾にしたもの。
原曲に伴奏を後付けしたようなものでしょうか・・・
そうは言っても手の交差など連弾独特のスリリング(^^;な場面も盛り込まれていたりして、
なかなか楽しそうかも・・・(*^^*)
とりあえず、これなら忙しそうなお相手さんにも負担をかけず、
連弾もいっしょに楽しむことができるかな・・・?

ピアノの連弾やアンサンブルは編曲も多いし、
アイデア次第では、色々な曲を色々な人といっしょに楽しむことができると思います。
3人で弾く6手連弾や2台ピアノ、みんなグルグルまわりながら弾くリレー連弾なども楽しそうですよね!

サークルも、せっかくたくさんの人が集まっている場ですし、
ちょっと気楽に「なにかいっしょに弾こうか~」って機会や雰囲気もできてくると、
また楽しみの幅も広がっていくように感じました(^-^)

こうしたことに限らず、練習会の後にみんなでお茶したり、食事をしたりといったことも含めて、
サークルに集まった人同士の間で色々な楽しみが広がっていけば嬉しいですね!(・∀・)

いつもberceuseを盛り上げてくれるみなさんに感謝です(*^^*)





PageTop