大阪ピアノサークルberceuse

2017 秋の弾き合い会♪@豊中市立文化芸術センター 小ホール

こんにちは(^^)
あれだけ暑かった毎日がいつの間にか涼しさを感じる日に変わってきましたね。
秋の季節を肌身に感じる今日この頃です。。。

9/23秋分の日の土曜日に、ピアノサークルberceuseの2017秋の弾き合い会♪が豊中市立文化芸術センター小ホールで開催されました。
秋晴れの・・・というほど快晴な天気ではなかったけど、
秋の空気を感じながら、ワクワクした足取りで会場へ♪
今日の弾き合い会がとっても楽しみだったんです(*^^*)

今年の1月に正式オープンしたばかりのピカピカのホール・・・
写真でホールの様子を見て、ぜひサークルで使ってみたい!って思いました(^^)
たまたま9/23に空きがあるのを発見して、豊中市在住のメンバーさんにお願いして予約の手続きをしたのが、もう半年以上前の話・・・
まだまだ先のことのように感じていたけど、秋がいつの間にかやってきたのと同じように、気が付けば、弾き合い会当日もあっという間にやってきちゃったな~と行きの電車の中で思いました^^;
IMG_3577_convert_20171001022213.jpg
豊中市立文化芸術センター

この日を楽しみにしていたのは僕だけではなかったかもしれません(^^)
今日の弾き合い会の参加受付け締切日にエントリーを希望していた人の数は、なんと50人!
直前のキャンセル等もあって、最終参加者の数は46名となりましたが、それでも過去にberceuseが開催したイベントの中では最も規模が大きいものとなりました。
ほんとにたくさんの人が参加してくれて、びっくりしたけど嬉しかったな~(*^^*)
春と秋の弾きあい会♪は、練習会や発表会と違ってサークル外部の方もメンバーさん同様に参加できる形で行っています。
今回は外部参加の方も10名程参加してくれて、それもまた嬉しかったです~♪
IMG_3582_convert_20171001022300.jpg
小ホール(調律中)
IMG_3590_convert_20171001022407.jpg
ピアノは、スタインウェイのフルコンサートモデルD274
IMG_3591_convert_20171001022529.jpg
IMG_3592_convert_20171001022715.jpg
IMG_3594_convert_20171001022743.jpg

IMG_3573_convert_20171001023800.jpg
プログラムもちょっとだけ秋らしく可愛く作ってみました(*^^*)

自分の中で今日の会場(小ホール)で一番惹かれていた部分が、舞台後方の遮光扉を開閉できるというしくみ。
写真を見るとよく分かると思うんですけど、この遮光扉を開けると舞台上からガラス越しに中庭の風景を見ることができるんです!そこだけ切り取って写真を見たら、まるで緑の森の中で演奏しているかのように見えますよね!
素敵だな~て思いました(*^^*)
自然光が入ってくるので、1日の中で舞台の見え方がどんどん変わってくるんですよね~
夜になるとこんどは暗くなった中庭がライトで照らしだされて、それがガラスに映った演奏者の姿と重なって幻想的な光景になるんです♪
今日の弾き合い会は1日を通しての開催だったので、そんな舞台の移り変わりと魅力的な光景を充分に堪能できました(^^)
ホールの音響的には、もしかしたら扉を閉めた方が響き的に有利なのかもしれませんが、
自分的には何といってもこのホールの魅力は、この開閉扉を開けた時に見ることができる舞台の1日の移ろいの光景だと思いました!
実際、扉を開けたままでもピアノ響きは充分綺麗に聴こえたし、みなさんの素敵な演奏と美しい音の響き、印象的な舞台風景が三位一体合わさって、とっても素敵な音楽の空間を作っていたように感じます!
扉を開けて使ってみて本当によかった~て思いました(*^^*)
IMG_3739_convert_20171001023720.jpg
夜はこんな感じです♪

11時半からスタートして終わったのは20時頃の長丁場な弾き合い会だったけど、本当にあっという間でした。
どの人の演奏も魅力的なものばかりだったので、休憩に出るのももったいなくて、そんな風にしてたらもう終わってしまったな~て感じです^^;
でも、みなさんの演奏がどの人も素敵に聴こえたのはむしろ当然で納得だと思いました。
この日のために時間を作って集まってくださって、ピアノと音楽を精一杯楽しまれているみなさんの演奏・・・
どの演奏にもそこにピアノや音楽に対する「喜び」が感じられるから、
そんな演奏が素敵に聴こえないなんてことはないんです(*^^*)
7rHcNMpBNGG4krF1506791611_1506791645_convert_20171001022826.png
m4f5IhizRP2NUGg1506791706_1506791727_convert_20171001022914.png
3kssLgFTHxShHuG1506791849_1506791876_convert_20171001023005.png
4BfIsPx2amFllvF1506791914_1506791927_convert_20171001023240.png
gk9qvTwnwPuOaxU1506791986_1506792000_convert_20171001023513.png
XVI8Q1k04SwiYt11506792046_1506792062_convert_20171001023410.png
時間が経つごとに舞台の見え方が変わってきます♪

最近、サークルの場で色々なつながりや縁、巡り合わせを感じることがあるけど、
今日この場に集まった46名の参加者のみなさんが作ってくれた素晴らしい、そして楽しい音楽の時間もきっと素敵な巡り合わせだったのかな~て感じています(^^)
外部参加の人もいるから、今日この場がなかったら出会えなかったかもしれない人もいるわけで、それって本当にちょっとした奇跡、巡り合わせだと思うんです(*^^*)
だから、今回の弾き合い会の参加エントリーの受付けを開始した時、はじめは会場を午前・午後で借りる予定で、参加定員も考えながらエントリーを受け付けてたんですが、
途中からは、許される本当にいっぱいまで、会場予約を延長してでも、参加したいって言ってくれる人全員に参加してもらえる形を作ろうって決めました!
今日の46名の参加者の方に音楽とピアノを通じて出会うことができて本当によかった!って思います。

お手伝いをしてくださった方も含めて素晴らしい時間を作ってくださったみなさん本当にありがとうございました!
心から感謝しております(*^^*)

~2017 秋の弾き合い会♪演奏曲~(演奏順)
グループA
・華麗なる大ポロネーズ(ショパン)
・ワルツ op18「華麗なる大円舞曲」(ショパン)
・鐘(ラフマニノフ)
・パルティータ6番から(バッハ)
・春の歌(メンデルスゾーン)
・くるみ割り人形より「花のワルツ」(チャイコフスキー)
・プレリュード(リャードフ)
・マズルカ 作品7の1(ショパン)
・ハンガリー狂詩曲第6番(リスト)
・ソナタD664第一楽章(シューベルト)
・子守歌op.57(ショパン)
・幻想的小品集より「道化師」op.3-4(ラフマニノフ)
・ノーベ・デ・ジューリョ(7月9日)(ナザレー)
・ノトゥールヌ(夜想曲)(ナザレー)
・舟歌(ショパン)
・水の戯れ(ラヴェル)
・ため息(リスト)
IMG_3637_convert_20171001023827.jpg

グループB
・Suite in D minor. HWV437(G.F.Handel)
・バラーダ メヒカーナ(ポンセ)
・幻想曲集よりメロディ op3-3(ラフマニノフ)
・The Wind of Life(久石譲)
・レクイエム~祈り~(桃果)
・希望~光に向かって~(桃果)
・エチュードOp.10-4(ショパン)
・リゴレット・パラフレーズ(リスト)
・樅の木(シベリウス)
・ノクターン第20番(ショパン)
・ノクターン(シベリウス)
・即興曲Op.90-2 (シューベルト)
・ballade 4番 Op.52(Chopin)
・3つのノヴェレッテより ハ長調(プーランク)
・巡礼の年第1年 スイスより ウィリアム・テルの聖堂(リスト)
・ボロディン風に(Ravel)
・シャブリエ風に(Ravel)
・『鏡』より「蛾」(Ravel)
・ピアノソナタ第23番「熱情」第三楽章(ベートーヴェン)
IMG_3685_convert_20171001023859.jpg

グループC
・仮面舞踏会より ワルツ(ハチャトゥリアン)*連弾
・ノクターン13番 Op.48-1(ショパン)
・幻想的小曲集より エレジー Op.3-1(ラフマニノフ)
・前奏曲集第2集より「カノープ」、「オンディーヌ」(ドビュッシー)
・映像第1集より「水の反映」(ドビュッシー)
・Sogna「ソニア」(まらしぃ)
・版画より グラダナの夕暮れ(ドビュッシー)
・前奏曲Op.3-2 鐘(ラフマニノフ)
・間奏曲Op.118-2(ブラームス)
・英雄ポロネーズ(ショパン)
・ソナタKV311 第一楽章、第二楽章(モーツァルト)
・ポロネーズ第3番イ長調 Op40‐1「軍隊」(ショパン)
・メモリー(アンドリュー・ロイド・ウェバー)
・2つのラプソディ 1番(ブラームス)
IMG_3733_convert_20171001023945.jpg

グループD
・水の上で歌う (シューベルト=リスト)
・組曲「白鳥の湖」より オデットの踊り、ロシアの踊り(チャイコフスキー=ノアック)
・ポルカ・シュネル「浮気心」(J.シュトラウス=ノアック)
・バラード1番(ショパン)
・ウィーンの謝肉祭の道化より インテルメッツォ(シューマン)
・ピアノソナタ第8番「悲愴」Op.13 第二楽章(ベートーヴェン)
・愛の夢第3番(リスト)
・ノクターン16番(Op.55-2)(ショパン)
・5つの小品 Op.75「樹木の組曲」から 第1曲「ピヒラヤの花咲く時」、 第5曲「樅の木」(シベリウス)
・10の小品Op.12-7より 前奏曲「ハープ」(S.プロコフィエフ)
・エチュード Op.10-12「革命」(F.ショパン)
・リュート組曲 第1番ホ短調より ブーレ(J.S.バッハ)
・フランス組曲 第5番ト長調より ガヴォット(J.S.バッハ)
・イタリア協奏曲 第1楽章(J.S.バッハ)
・スケルツォ第2番 Op.31(ショパン)
・舟歌 嬰ヘ長調 Op.60(ショパン)
IMG_3778_convert_20171001024028.jpg

次回、来年3月開催予定の春の弾き合い会♪の会場も決まりました!
神戸三宮に今年オープンしたばかりのスタインウェイのお店のホール「スタインウェイ&サンズ 神戸 コンサートホール」で開催します♪
また、そこでみなさんにお会いしたいな~
今日の弾き合い会と同じように今からワクワクしています♪(*^^*)





スポンサーサイト

PageTop

第40回定例練習会@ studio FUN HOUSE

9月唯一の練習会となる、第40回定例練習会が9/9(土)に開催されました。
会場は心斎橋駅近く、南船場にある音楽スタジオ「studio FUN HOUSE」です。
今回は、グランドピアノ(YAMAHA C3)がおいてあって30人程は入れる広さのA studioを利用しました♪
昨年オープンしたばかりというスタジオは、内装も可愛いらしくて、カフェやお食事のお店も多いこの界隈の雰囲気に似合っています(^^)
心斎橋周辺は、大阪の中でも難波や梅田と並ぶメジャーな街だし、参加する人にも行きやすいかな~と思いました。
そうした場所にピアノが弾ける場所が新しくできるなんて嬉しいことです(*^^*)

この日の参加者は、見学の方も含めると22名。
9月唯一の練習会ということもあってか、新規の見学希望者の数も多くて、
今回は5名もの方が初めてberceuseの練習会を見に来てくださいました。

せっかく来ていただいたので、見学の方にも楽しんで帰ってほしいな~(*^^*)
毎月嬉しいことに、たくさんの見学者の方が練習会に来てくださるんですが、
こうしてわざわざ来てくださって、お話できたりメンバーさんの演奏を聴いてもらったり、これも何かのご縁じゃないかな~と感じたりする時があります(^^)
サークルに入会してもらえるかどうかは、その人それぞれの考えや事情もあるから、また次回お会いできるかどうかは分からないんだけど、
せっかく貴重な時間を取って来た今日の練習会でのことをいつか思い出した時に、そういえばあの時楽しかったなと思ってもらえたら、それはとっても嬉しいことだな~と感じちゃっています(^^)

縁と言えば、この日の会場利用もメンバーさんの1人がスタジオのオーナーさんにberceuseのことを話してくれて、オーナーさんからスタジオのご案内をいただけたことがきっかけだったわけで、この間、新しいメンバーさんとの出会いにしろ、新しい会場との出会いにしろ、色々な方とのつながりからできることが多くって驚いています。
これもまたご縁だな~て思いますね(^^)

今日の練習会では、2週間後に迫った秋の弾き合い会♪で演奏する曲を練習される方も多かったです(^^)
あと2週間で上手く弾けるかな~て心配されていた方もいたけど、
気楽な弾き合い会になればなと思っているので、演奏する人も気楽な気持ちで出てもらって、演奏を楽しんでもらえたらいいな~(*^^*)

発表タイムでは、途中まで弾けるところまで弾かれた方がおられたけど、それもOKだと思います(^^)
練習会なのですから、人前で演奏したり緊張するのも練習だと思って、色々なことを試してもらえたらと思いました(*^^*)

~♪発表タイム演奏曲♪~(演奏順)
・楽興の時 第4番(シューベルト)
・2つのラプソディ 第1番 (ブラームス)
・美しき夕暮れ(ドビュッシー・編曲:ハイフェッツ)*ヴァイオリンとピアノのデュオ
・Aria in pastorale.BWV590(J.S.Bach)
・chaconne HWV435(G.F.Handel)
・幻想的小品集より「エレジー」Op.3-1(ラフマニノフ)
・舟歌 Op.60(ショパン)
・ワルツ5番 op-42(ショパン)
・ピアノソナタ第8番「悲愴」Op.13 第二楽章(ベートーヴェン)
・映像第1集より「水の反映」(ドビュッシー)
・革命のエチュード(ショパン)
・Tomorrow never knows(Mr.Children)
・鐘(ラフマニノフ)*途中まで演奏
・インヴェンション 第13番(バッハ)
・平均律クラヴィーア曲集 第1巻より 第2番 プレリュード・フーガ(バッハ)
・平均律クラヴィーア曲集 第1巻より 第17番 プレリュード(バッハ)
・スケルツォ第2番(ショパン)
UwDYAHzTexCMnez1505048692_1505048783_convert_20170910220814.png
発表タイム風景

練習会後は、会場から少し歩いたところにある洋食屋さんで食事会を行いました♪
こちらも15名の方が参加してくれてとっても盛り上がりました~(^^)
みんなで楽しくお話しているとピアノや音楽が繋いでくれた縁の素晴らしさをとっても感じます。
仲間がいるって本当に素敵なことですね♪
いつかこの日の練習会を思い出しても、きっと楽しかったな~て思い出せると思います(*^^*)
参加してくださったみなさんありがとうございました!




PageTop

第39回定例練習会@カフェ・プーランク

ピアノサークルberceuseの第39回目となる定例練習会が、8/27(日)兵庫県川辺郡(最寄駅は、能勢電鉄の日生中央駅)にある「カフェ・プーランク」で開催されました♪

朝、晩は涼しく感じる時が出てきたとはいえ、まだ日中は暑さも厳しいですよね。
この日もとても暑い1日でした^^;
涼しいカフェの店内が天国に感じちゃいます(笑)
IMG_3505_convert_20170831233023.jpg
カフェ・プーランク

今回の練習会、見学者も合わせるとなんと25名もの人が参加してくれました♪
カフェでの練習会はとても人気のある企画です(^^)
カフェってことで、大抵ドリンクやスイーツや何か飲食が付くことが多いし、雰囲気的なこともあるかもしれませんが、何か和みますよね~
今回のカフェ・プーランクさん、店内もアットホームな喫茶店という雰囲気があって、
加えてマスターの気さくな人柄のおかげでめっちゃ和みの空間でした♪
カウンターの席に座って、お茶やおしゃべりを楽しみながらくつろいで練習会ができるなんてカフェならではですよね(*^^*)
Ryxtz_S7mXLfYaa1504189883_1504190033_convert_20170831233518.png

開始時間よりちょっと早めに着いて店内に入ると、アナログレコードでクラシックの曲が大音量でかかっていました♪
大きなスピーカーから流れるレコードの音がとても気持ち良くって、まずそれにとっても痺れちゃったな~(笑)
実は管理人、10年ぐらい前は筋金入りのアナログレコードコレクターで、
大阪の梅田、アメ村、日本橋の中古レコード店には足繫く通っていたのです(笑)
アナログレコードの太く温かみのある音を聴いているだけで気分がめっちゃ盛り上がっちゃいました!(^^)
本音はもうちょっと聴いていたかったくらいかも・・・^^;

カフェ・プーランクっていう名前にも惹かれました♪
店の名前に作曲家の名前を使うなら、モーツァルトやショパンなんかはありがちな感じがするけど、
プーランクって名前を付けるところもちょっと珍しいというか、逆にお洒落なセンスを感じさせます。
軽妙洒脱でパリのエスプリを感じさせると言われたプーランクの音楽、
カフェの雰囲気にぴったりだと思いました(^^)
IMG_3504_convert_20170831232941.jpg

ピアノサークルberceuseの練習会は、会場を固定せずに色々な会場の色々なピアノを使って開催されています。
最近は、メンバーさんからこんな会場ありますよっていう口コミで知った会場を使うこともあったりで、めっちゃ助かっています(^^)
今回のカフェ・プーランクもメンバーさんの口コミで知った会場でした。
多分それがなかったら、こうしてberceuseの練習会を行うようなこともなかっただろうな~
そのメンバーさんは、自分の習っている先生がここでコンサートを行なったのを聴きに行ったことで店のことを知ったとか・・・
そう考えるとこれも何かの縁というか、繋がって繋がってこうしてberceuseの練習会を行なう縁ができたっていうことに、ちょっと不思議な気持ちを感じちゃったりします(^^)
帰り際にマスターとあるメンバーさんが親しく話していたので、お知り合いかと訊いてみると、何とマスターが高校時代の音楽の先生だったんだそうです!
こんなこともあるんだな~とこれまた縁という意味で不思議な気持ちになりました(*^^*)

会場のピアノは、Wendl & Lungというオーストリアのメーカーのピアノ。
なかなか弾く機会の少ない珍しいピアノだと思います。
会場も縁ですが、自分の楽器を持ち運べないピアノ弾きにとって、色々なピアノとの出会いもまた縁なのかもしれませんね~
次回の練習会は、どんな会場でどんなピアノとそして参加してくださったみなさんとその素敵な演奏に出会えるのでしょうか?
そう考えるだけでワクワクします(*^^*)
IMG_3511_convert_20170831233611.jpg
会場のピアノ、Wendl & Lung
IMG_3513_convert_20170831233630.jpg

IMG_3514_convert_20170831233751.jpg

今日はたくさんの素敵な出会いがあって、とても楽しい1日でした♪
参加してくださったみなさん本当にありがとうございました(*^^*)

~♪発表タイム演奏曲♪~(演奏順)
・Etude op25.No7 in C sharp minor(F.Chopin)
・Nocturne in C sharp minor op.posth(F.Chopin)
・Etude op25.No1 in A flat major(F.Chopin)
・ノヴェレッテ 1番(プーランク)
・トッカティーナ op36(カプースチン)
・Tomorrow never knows(Mr.Children)
・前奏曲「鐘」(ラフマニノフ)~ワルツ7番(ショパン)
・シェルブールの雨傘(ミッシェル・ルグラン)
・英雄ポロネーズ(ショパン)
・バラード第3番(ショパン)
・前奏曲集第2集より Ⅶ 月光の降りそそぐ露台…(ドビュッシー)
・アラベスク1番(ドビュッシー)
・インベンション7番(バッハ)
・水の上で歌う(シューベルト=リスト)
・ウィーンの謝肉祭の道化より インテルメッツォ(シューマン)
・2つのラプソディ 第1番(ブラームス)
・ウィーンの想い出(ギロック)
・映像第1集より「水の反映」(ドビュッシー)
・ピアノソナタK.332 第2・3楽章(モーツァルト)
・アヴェ・マリア(カッチーニ・編曲:加羽沢美濃)

ピアノサークルberceuseでは、サークルに興味のある方の入会希望、見学希望を随時受け付けております。
見学を希望される方は(入会にはサークルの見学を1度していただくことをお願いしています)、下記のサークルアドレスまで気軽にお問合せください。

berceuse1403@yahoo.co.jp

どうかよろしくお願いします~♪




PageTop

第38回定例練習会@マリ・レスポアール

第38回目となる定例練習会は、1年ぶりとなる京都での開催!
8/6(日)に行われました♪
会場は、京都・壬生にある、昨年オープンしたばかりの「マリ・レスポアール」。
阪急西院駅から少し歩いた住宅街の中にある小さな音楽ホールです。
京都の街を歩いていると京都特有の情緒を感じさせる建物に会うことがあるけど、
このマリ・レスポアールもそんな情緒感を感じさせる外観でした^^
IMG_3364_convert_20170817141554.jpg
マリ・レスポアール
86blog_convert_20170817141422.png
謎のタヌキのポストはさておき(笑)、
看板にも音楽ホールなんてことが全然書いてなかったので、会場が分からず通り過ぎる人多数・・・^^;
タヌキの横に予約の名前が書いてあるけど、何かどこかの料理店のボードなんじゃないかと間違っちゃいそうですよね(笑)
ちょっと隠れ家的という感じもあったり・・・(新しいということもあるけど、京都在住のメンバーさんもこの会場の存在は全然知らなかったそうです)
でも、オーナーさんはとても気さくで親切な方で大勢で押し掛けたサークルの練習会を歓迎してくれました(^^)

京都での練習会では、前回も前々回も練習会の前に会場近くのお店でランチ会をしているのですが、今回も西院駅近くのレストランでみんなでランチをしてから練習会の会場に向かいました。
このレストランも普通のお宅を改築したような作りで、思わず通り過ぎちゃいそうでしたけど・・・^^;
1週間煮込んだというドミグラスソースのハンバーグランチは美味しかったです!
控えめながらもこだわりを感じさせる部分がちょっといい感じかな~とか(^^)
9名の方が参加してくれて楽しいランチのひと時となりました(*^^*)

練習会場となる建物の2階のホールは、36席ほどのこじんまりとしたお部屋でした。
まだ新しくって新築のお家の香りがします~
ピアノは、DIAPASONのグランド。
象牙、黒檀を使用した今では貴重なモデルとのこと。
確かに鍵盤が黄色い^^;
象牙鍵盤の証しなんかな・・・(笑)
IMG_3374_convert_20170817141724.jpg
DIAPASON 210-E(ピアノの写真を撮ろうとしたらオーナーさんが慌てて照明を点けてくれました^^)

今回の練習会は見学者の人数が多くて、全体で21名の参加と賑やかな練習会になりました(^^)
暑い中、こうして集まってくださって本当にありがたいです(*^^*)
このところ毎回多くの新規の見学者の方が来てくださって嬉しいです♪
初めて来てくださった方にサークルのことを説明したり、色々お話をしたりするのは新鮮な楽しさがあります(^^)
時には、世の中狭いな~というかこんな縁があるんだ~と驚くようなことも・・・
今回も、大学で入っていたピアノサークルの知り合いがたまたま今日、会場でお話したメンバーさんの弟さんでびっくり!なんていう新規の見学者さんがおられました!
他にも今回参加してくださったメンバーさんで、berceuseに入った縁が、「月刊ショパン」にberceuseの紹介文を書いてくれた方が主宰する東京のピアノサークルにいてて、関西に引っ越す際にその方がberceuseを勧めてくれたからという人もおられたな~(^^)
そういうことがあるたびに人と人の繋がりというか縁の不思議さを感じることがあるけど、
メンバーさんでも見学で様子を見に来られた方でも、せっかくご縁があってこうして知り合ったわけだから、できればいい形で繋がりを持っていければいいな~と思うし、どのような形であれ、ここに来てみてよかったなと思ってもらえれば嬉しいな~といつも思っています(^^)

~♪発表タイム演奏曲♪~(演奏順)
・エカテリーナのための協奏曲(松谷卓)
・即興曲 Op.90-2(シューベルト)
・雪は踊っている(ドビュッシー)
・ソナタKV311 一楽章、二楽章(モーツァルト)
・楽興の時 第4番(シューベルト)
・ラプソディ1番(ブラームス)
・暁の歌(第1曲)(シューマン)
・「クープランの墓」~プレリュード、リゴードン(ラヴェル)
・2つのラプソディ 1番(ブラームス)
・アレグロブリランテ(メンデルスゾーン)*連弾
・英雄ポロネーズ(ショパン)
・エリーゼのために(ベートーヴェン)
・ノトゥールヌ(夜想曲)(ナザレー)
・バラーダ・メヒカーナ(ポンセ)
・Andante favori(ベートーヴェン)
・ノクターンOp.27-1(7番)(ショパン)
・ノクターンOp.55-2(16番)(ショパン)
Yb60GnxuEvjkCpx1502946658_1502946688_convert_20170817141641.png

発表タイムでは、2人の方がブラームスのラプソディ1番を弾かれました♪
実は、ランチ会でも私も弾こうかと思ってたという方が1人いて、ひそかにラプソディ1番ブームなのかも・・・(笑)
以前、ショパンの舟歌がそんな時期があったけど、申し合わせたわけでもないのに被っちゃうという不思議な現象だな~(笑)
個人的には思い出のある曲なので嬉しかったです(^^)
暑い中、練習会に集まってくださったみなさん、本当にありがとうございました!

次回の練習会は、8/27(日)に兵庫県の川辺郡というところにあるカフェ・プーランクというお店が会場です。
作曲家プーランクの名前を冠したカフェがこんなところにあるとは思いませんでした!
見学を希望されている方から、プーランクが作曲家で大好きななので気分があがります!と言われたんですけど、自分の好きな作曲家の名前が冠されたお店だったら、確かに興味が湧きますよね♪
お店もまったりできそうな雰囲気だし、ピアノも珍しいウィーンのメーカーのピアノというので楽しみにしています(^^)

あと、9/23開催の秋の弾き合い会♪もおかげさまで現在46名もの方が参加エントリーをしてくださいました!
人数が増えたため、午前・午後開催を夜間も加えた全日開催に変更しています。
まだ、もう少しエントリーの受付け可能なので、ご都合よろしければぜひ参加エントリー考えてみてください(^^)
外部参加者の方も受付けております♪
聴衆参加の方も大歓迎です!

お問合せは、こちらのサークルアドレスまで。
berceuse1403@yahoo.co.jp

よろしくお願いします~(*^^*)





PageTop

第37回定例練習会@旧グッゲンハイム邸

7/22(土)に開催された第37回定例練習会は、前回に引き続き神戸での開催、
神戸市の垂水区で行われました。
大阪からはこれまでで最も離れた地域での開催かな?(三ノ宮より更に西、須磨から少し行ったところです)
会場は、築100年になるという洋館、旧グッゲンハイム邸。
神戸には、こうした異人館と呼ばれているような古いお屋敷がたくさんあるイメージはあったのですが、まさかピアノの練習会に使えるようなところがあるとは思いませんでした。
なので、たまたまHPを発見した時は、使ってみたい!ってすぐに思いました^^
建物の見た感じもお部屋の雰囲気もすごく素敵な感じだったし、お屋敷からは海も見えるし、何だか夏のバカンスにでも来ているみたいだな~って・・・(笑)
今回の練習会は、勝手に「夏のバカンス練習会」なんて銘打って開催しちゃったりして(笑)
image2_convert_20170625210146.jpg
旧グッゲンハイム邸(会場HPより)

そんな感じで個人的にもとても楽しみにしていた練習会なのですが、実は今回、管理人はやむを得ない理由で欠席しなければいけなくなったのです(T_T)
悲しい~
仕方がないけれど、berceuseの立ち上げの時から全ての活動に皆勤で参加していたので、ちょっと悔しくもありました・・・
管理人不在で練習会を行うのも初めてだったので、ちょっと不安ではあったけど、
でも!でも!今回は常連のメンバーさんが会を取り仕切ってくれたおかげで、いつも通り無事、練習会を開催することができたのです!
よかった~
本当に感謝しています!(*^^*)

今回の練習会、管理人同様に楽しみにしてくださった方もけっこうおられて、早々に定員一杯になる盛況ぶり(^^)、見学者の方も含めると23名が参加のとても賑やかな練習会でした。
そんな練習会を仕切ってくださったメンバーさん、協力してくださったみなさんには感謝の言葉しかありません!
本当にありがとうございましたm(__)m

というわけで今回の報告は、当日参加したメンバーさんから聴いた話からしか書けないのですが・・・^^;
会場の旧グッゲンハイム邸は、海も見えてとってもいい雰囲気の会場だったらしいです。
練習会もいつも通り和やかの行われたとのことで、余った時間には、別部屋のピアノやオルガンを弾いたり、庭でおしゃべりなんかもして楽しんだとのこと。
いいな~
参加したかったな~(^^)
そんな訳で、参加しなかった僕があれこれ書くよりも当日参加されたみなさんが撮ってくれた写真でも貼った方がよほど雰囲気が伝わると思うので、以下にみなさんが撮ってくれた写真を貼っていきたいと思ってます。
どれも綺麗に撮ってくれていて、バカンス練習会らしい(?)雰囲気が伝わってくると思います♪
ますます参加したかったな~て思いました^^;
1501027830052_convert_20170817012557.jpg

1501027886800_convert_20170817013028.jpg

qmnDBryvZbKsreg1502899417_1502899466_convert_20170817012924.png

KinlIRa_zW81ZuN1502899764_1502899928_convert_20170817013622.png

MlDc1v0amMNj1By1502899655_1502899706_convert_20170817013444.png

CfAOLUjdmRNjIOs1502899988_1502900040_convert_20170817013318.png

aE_CiWLoGFAEnqv1502900180_1502900287_convert_20170817013152.png

DSC_0146_convert_20170817013759.jpg

DSC_0148_convert_20170817013836.jpg

IMG_5326_convert_20170817014319.jpg

IMG_5328_convert_20170817014354.jpg

IMG_5330_convert_20170817014433.jpg
DIAPASON製グランドピアノ(大橋モデル No.24)

IMG_5335_convert_20170817014516.jpg

IMG_5337_convert_20170817014629.jpg

~♪発表タイム演奏曲♪~(演奏順)
・10の小品Op.12-7より、前奏曲「ハープ」(プロコフィエフ)
・エチュードOp.25-12「大洋」(ショパン)
・スケルツォ 第2番 Op.31(ショパン)
・微笑みの鐘(西村由紀江)
・パームトゥリーの下で見る夢は(西村由紀江)
・Summertime(ガーシュウィン)
・フランス組曲3番より、アルマンド、アングレーズ、メヌエットとトリオ(バッハ)
・ペロちゃん体操(堀江優作曲/中村先生編曲)
・イタリアンポルカ(ラフマニノフ)*連弾
・ワルツ7番(ショパン)
・Tomorrow never knows (Mr.Children)
・Londonderry Air
・etude op25-No1(F.Chopin)
・polonaise op26-No2(F.Chopin)
・組曲HWV426より、クーラント(ヘンデル)
・アダージョ・エキゾチック(ギロック)
・ルーマニア民俗舞曲より、第5曲 ルーマニア風ポルカ(「大改造!!劇的ビフォーアフター」挿入曲)(バルトーク)
・出会い(「大改造!!劇的ビフォーアフター」より)(松谷 卓)
・楽興の時 第4番(シューベルト)
・レントより遅く(ワルツ)(ドビュッシー)
・ソナタ1番(スカルラッティ)
・プレリュード1番(バッハ)
・インベンション4番(バッハ)
・古風なメヌエット(ラヴェル)
・舟歌(シベリウス)
・8月の舟遊び(パルムグレン)
・ノクターン(シベリウス)
・「休暇の日々から」第1集より ロマンティックなワルツ(セヴラック)
・ウィーンの謝肉祭の道化から Intermezzo(シューマン)

会場も好評だったし、またいつかリベンジで(僕個人がですが^^;)使用するのを誓います!(笑)
本当に楽しい練習会になってよかったです♪(*^^*)
OkftO0NEvpjxild1502900338_1502900557_convert_20170817013955.png
終了後は三宮で懇親会も行いました♪





PageTop