大阪ピアノサークルberceuse

お願い・Q&A

お願い

他の参加者の演奏の批判・比較は絶対にしないでください。他人と競い合うのではなく、自分のために楽しく弾きたいという気持ちがある方のご参加をお願いします。


他の参加者の演奏を受け入れることが出来ない場合は参加を御遠慮ください。参加者は各々、様々な環境のもとでピアノを学んでいる愛好家であることをご理解の上、参加していただけるようお願いします。

主宰者が好ましくないと判断した場合(参加者の演奏の批判・比較をする人/営利目的/宗教勧誘目的など)は、参加をお断りすることもあります。

Q&A

Q1参加資格はありますか?
A1ピアノが好きな方、かつ上記のお願いに同意いただける方なら、どなたでも参加していただけます。
ただし、未成年の方は保護者の同意が必要となります。


Q2入会費、年会費等の会費はいりますか?
A2入会金、年会費等のお金はいただきません。会費は基本的に練習会、発表会当日の会場費のみです。参加者で頭割りして分担します。諸経費等が必要な場合は、みなさんに相談の上、分担していただく場合があります。


Q3定員はありますか?
A3全体での定員は特に設けておりません。ただ、個別に弾いていくというピアノという楽器を使った会の都合上、各練習会等では、どうしても参加できる人数の枠をを作らざるえない場合があります。練習会では、お互いに交流もしながら、和気あいあいとアットホーム的な雰囲気も作っていきたいと思っていますので、そのことも考えると10~15人程度が参加する形が規模としても適切なのかもしれません。できるだけ、みなさんの希望に添うように開催時間や会の進行も工夫していくとともに、参加の機会が多く取れるよう、月1回の練習会も計画的に行なっていきます。


Q4入会方法を教えてください。見学はできますか?
A4 トップページより、入会申込み・お問合わせのメニューをクリック、メール送信画面が開きますので、入会希望の旨を記載して送信してください(ブログのメール送信フォームからも受付けます)。見学も可能ですので、ご相談ください。なお、1週間経っても返信がない場合は、何かの手違いが考えられますので、その場合は、申し訳ありませんが、再度のご連絡をお願いします。どうしても連絡が取れない場合は、掲示版やブログにコメントをくだされば、対応します。
返信は送信していただいたアドレスで返すことになると思うのでPCメールが受診できるよう設定をお願いします
入会希望の連絡をいただいた方には、登録手続きとして、HPのメンバー紹介に載せるハンドルネームや自己紹介文を準備していただきます。また、氏名や年齢、お住まいの地域、緊急時の連絡先等、サークルの運営上必要となる個人情報について、管理人の個人情報と交換させていただいています。


Q5退会はどのように行えばよいのでしょうか?
A5主宰者までご連絡ください。退会については、一定期間、連絡が取れない方も確認の上、退会手続きを取らせていただく場合があります。


Q61曲通して弾ける曲が今ないんですが、練習会に参加できますか?
A6主宰者の思いとしては、berceuseが、「それぞれの状況、環境は色々でも、気楽にピアノを楽しみながら、永く在籍することができる」サークルにしていきたいと考えています。練習会はあくまで練習の場でもあるわけですから、ここで練習しにきたぐらいの気楽な気持ちで参加してください。みんなとお話しにきた。みんなのピアノを聴きにきたぐらいの気分でも全然OKですよ(^ ^)


Q7発表会には参加しないといけないのでしょうか?
A7発表会参加は強制ではありません。そのため、プチ発表会に関しては、会員以外の方にも参加募集を呼び掛けてのエントリー制を考えております。でも、発表会についても気楽に参加できる形で考えているので、ぜひ参加してみてくださいね。


Q8どのジャンルの曲を弾いてもかまいませんか?
A8音楽のジャンルは一切問いません。


Q9ピアノ以外の楽器で参加してもよいでしょうか?
A9基本的にはピアノのサークルなのですが、他の楽器での参加もOKです。ご相談ください。


Q10開催の頻度は?
A10基本的には、練習会を月1回、土曜日or日曜日の午後から4~6時間程度(全10回)、プチ発表会を半年に1回、土曜日で年2回ほど行う予定です。月に1度、何か活動する形ですね(^ ^)
ただし、主宰者の都合によっては、変更がある場合もあるので、ご了承ください。


Q11遠方より来ることになるんですが、参加は可能でしょうか?
A11大阪での活動を基本としますが、それ以外の地域の方でも参加可能です。
遠方の場合でもご都合が合うようなら、ぜひご参加ください。


Q12練習会や発表会に子どもを連れてきても大丈夫でしょうか?
A12大丈夫です。ただし、お子様の行動には、親の方が責任を持って見ていただけるようよろしくお願いします。





スポンサーサイト

PageTop