大阪ピアノサークルberceuse

たまにはコンサートでも・・・ ~オペラ「魔笛」鑑賞記♪~

オペラを観に行ったことはありますか?
そもそもオペラってどんなイメージがあるでしょう?
豪華? 派手? スぺクタル? 話がよく分からない?・・・
日本でオペラを観ることってそんな日常的なことではないのかもしれませんね(海外でもどうかは分からないですけど^^;)

そんなオペラの舞台を3/5(日)、大阪の南、南河内郡にある大阪芸術大学まで観に行きました。
演目は、モーツァルト作曲の「魔笛」です♪
IMG_1911_convert_20170322230522.jpg

IMG_2265_convert_20170322230203.jpg
大学構内にある立派なホール

オペラの公演ってチケットも高いようなイメージがありますけど、
今回の公演は何と入場無料!
演奏や出演は、全て大阪芸大の学生さんで行われています。
学内発表会のようなものでしょうか?
でも、普段の生活では決して身近とは言えないオペラの公演がこうして気楽な形で聴けるのは面白いことだと思い、ワクワクしながら聴きに行ってきました(^^)
大阪芸大、決してアクセスの良い場所ではありませんが、
そういう気楽に観に行けるという形もあってか、たくさんの人が来られていて、
会場は臨時の席が設けられるほどの大盛況でした♪
IMG_2268_convert_20170322230240.jpg
オーケストラピットも付いてある本格的なホール、左右のスクリーンに歌詞の訳が映されます。大盛況のお客さんの入りでした。

モーツァルトは、サークルでもみなさんが演奏される機会の多い作曲家、
「魔笛」も名前だけなら聴いたことがあるって方も多いかもしれません(僕もそうでした^^;)。
モーツァルトの死の年に作曲されたモーツァルトの代表的なオペラで、モーツァルト自身もお気に入りの作品だったと聞きます。
「魔笛」というと、何かおどろおどろしいタイトルですが、ストーリー自体はそんなものではなく、王子様がお供を連れて、さらわれた(?)お姫様を救出に行き、試練の後に2人は結ばれるという、要はおとぎ話の世界です(^^)
そこに、モーツァルトも入っていたという秘密結社「フリーメイソン」の教義が取り入れられたりしていて、なんちゃらかんちゃら・・・という難しい考察も色々あるみたいですが、
そんなことは抜きにして、素直にお話を楽しめるオペラだと思います(*^^*)

実際、今回の公演は(無料公演ということもあってか)小さな子どもさんを連れた家族連れの人もけっこう来ていて、僕の席の後ろにも子どもさんたちが陣取って座っていたのですが、その子も舞台を観て何度も笑って大ウケしてました(笑)

「魔笛」は出てくるキャラクターがとっても魅力的!
特に王子のお供の鳥刺しのパパゲーノが、お笑い芸人ばりの面白キャラでとっても魅力的でした♪
あまり出番は多くなかったけど、高音のコロラトゥーラが大活躍する有名なアリアを歌う夜の女王なんか、もう小林幸子ですか?!っていうツッコミどころ満載の衣装で笑わせてくれるし(笑)、とにかく楽しく魅せる要素が満載でした(*^^*)

原語と日本語が入り混じった歌詞やセリフの演出も面白かったな~
原語で歌われる場面でもスクリーンに訳が映されるので、意味は分かるのですが、その訳も今風の話し言葉でやわらかく訳されていて、それがまた笑いを誘うというか、とにかく堅い印象は全然ありません(*^^*)
やっぱり、演出で舞台の魅力って全然変わるものなのかしら・・・
あと、オーケストラの魅了♪
オーケストラピットから流れる生のオーケストラの音を聴きながら舞台を観るのって、
やっぱりすごく贅沢で楽しいことだな~って思いました(*^^*)
そのあたりの魅力は、漫画「のだめカンタービレ」のオペラ編を読んでばっちり予習していったので(笑)、そうした部分も含めて今回は色々な面で楽しめたように思います♪
IMG_2269_convert_20170322230315.jpg
オーケストラピット内の様子
IMG_2651_convert_20170326185600.jpg
予習はのだめのオペラ編で♪(「魔笛」が取り上げられていいます^^)

全て学生さんでの演奏ということもあってか時々ハラっとするような場面もあったけど^^;
充分楽しめるオペラ公演でした♪
何より、オペラって楽しいな~♪って自分の中で思えたのが収穫だったかも(^^)
お高い海外の歌劇場の来日公演ではなくても、市民オペラみたいな形でもっと気楽にオペラを楽しむこともできそうだし、調べてみて面白そうな公演があったら、また行ってみたいな~って思いました♪

みなさんも、「たまにはオペラでも・・・」
いかがですか(*^^*)



スポンサーサイト

PageTop

期間限定の2台ピアノ

先月末に久しぶり金曜夜会(berceuseの課外活動の平日夜の練習会)を開催しました(^^)
会場は、大阪駅前のグランフロント大阪内にある島村楽器のスタジオ、
ピアノは、スタインウェイのフルコン(D-274)が1台置いてあります♪
駅から直結で来れるというアクセスの良さに加えて気軽にスタインウェイのピアノが弾けるとあって、なかなか人気のスタジオです^^

予約の時間になったので、既に来ていた参加者のみなさんとスタジオに入ってビックリ!
いつも置いてある場所にピアノがない・・・!?
で、横を向いてビックリ!
ピアノが2台ある~(≧◇≦)
なんとそんなに広くないスタジオ内に、いつものスタインウェイのフルコンともう1台謎のピアノが置いてあるではありませんか!!

謎のピアノの正体は、ザウターという名前のピアノでした(^^)
何でもドイツのピアノメーカーらしいです。
思いもよらぬ2台ピアノでの練習会で一同めっちゃ盛り上がりました!(笑)
でも、誰も2台ピアノの曲は用意してなかったので、2台ピアノの曲は弾きませんでしたけど・・・^^;
練習タイムの時にピアノの弾き比べとかもできて楽しかったですね♪

発表タイムの時に、みんながどっちのピアノ弾くかも気になったのですが、
発表タイム参加者5人中、4人がスタインウェイという結果・・・
みんなスタインウェイの方が弾きやすいって言っていました。
ザウターは何だか鳴り過ぎてコントロールしづらいという意見が多かったかな・・・
それにスタインウェイの方が奥に設置してあって、手前に置いてあるザウターだと、すぐ後ろから手元をのぞきこまれているような気がして緊張しちゃうからという理由も多し!^^;
でも、だからこそ、緊張の練習になるからとザウターに挑んだ強者もおられましたけど(笑)
IMG_2227_convert_20170308214825.jpg
手前がザウター、奥がスタインウェイのフルコン

思わぬ2台ピアノの練習会にちょっと得をした気分です^^(料金はそのまま)
スタジオの方で2台ピアノを使ったコンサートが企画されていたみたいなので、そのために持ち込まれたのかな?
3/17までの期間限定らしいです♪
2台ピアノの合わせ練習場所を探している方は、この機会に使ってみると面白いかもですよ(*^^*)



PageTop

たまにはコンサートでも・・・『レ・フレール with オーケストラ・アンサンブル金沢 豊中公演』

1/28に開催された第29回定例練習会は、1月に正式オープンしたばかりの豊中市立文化芸術センターの練習スタジオで行われましたが、その同じ施設の大ホールで、「レ・フレール with オーケストラ・アンサンブル金沢 シンフォニックツアー2017豊中公演」を観て来ました♪

IMG_2191_convert_20170214220621.jpg
豊中市立文化芸術センター
IMG_2189_convert_20170214220552.jpg

レ・フレール、とっても人気のある兄弟ピアノデュオですよね^^
サークルのメンバーさんの中にも好きって方やレ・フレールの曲を演奏された方がおられます。
かく言う自分も、レ・フレールのことを知ったのは、サークルのメンバーさんやピアノ仲間のみなさんの演奏を聴いてからでした(^^)
エネルギッシュで心がウキウキしてくるような楽曲、見た目にも魅せる連弾にとっても惹き付けられたのを覚えています(^^)
その本家の演奏が聴けるということで、練習会の合間にホール内のプレイガイドでゲットしたチケットを手に、ワクワクしながらコンサートを聴きに行ってきました!
IMG_2161_convert_20170214220429.jpg
大ホール
IMG_2165_convert_20170214220459.jpg

今回の公演、オーケストラとの共演という豪華仕様!^^
共演オーケストラは、オーケストラ・アンサンブル金沢でした。
実は、オーケストラ・アンサンブル金沢も以前より聴いてみたいなと思っていたオーケストラで、CDも何枚か持っておりました♪
更に会場となるホールは、できたばかりのピカピカで、木の持つナチュラルな質感を感じさせるとても立派で素敵なホール!
つまり、今回の公演は、観てみたかった、アーティスト、オーケストラ、ホールの3つが1度に味わえるという、自分にとっては、1粒で3度美味しい(笑)お得な公演だったのです(笑)

で、コンサートの感想ですが、
とっても楽しかったです!(*^^*)
単純な感想ですが・・・^^;
でも、本当に楽しくあっという間な2時間でした♪
レ・フレールのお二人の驚異的なテクニックは、言わずもがなですが、
本当に色々な意味で見せる(魅せる)演奏でした!
内部奏法を多用するその音色も新鮮だったな~
内部奏法っていう言葉自体は知っていましたが、実際に生で聴くのはおそらく初めて。
ピアノの内部の弦を布等で押さえて、ギターのミュート音や三味線、カスタネットのような音を出していて、
ピアノからこんな音が出せるのか~とびっくりでした!
でも、これは自分のピアノでしかできないよな~(レ・フレールは、自らのベーゼンドルファーを持ち込んでコンサートを行っています)
こんなのホールに置いてあるピアノでやったら、絶対怒られますよね^^;
いつも、練習会の会場を借りる時に、「ピアノが傷むような演奏をしないでください」という注意書きを見せられているので、2人がピアノの内部をあれこれ触ってるのを見て、ハラハラドキドキでした(笑)

あと、演奏中に頻繁にパート(プリモとセコンド)の交代をするのですが、それが本当に見事!
普通の連弾とかだとそれぞれ奏者ごとに椅子に座って弾くけど(あんまり曲の途中でパートを交代することないですもんね)、レ・フレールのお二人は1つの椅子を2人で座ってクルクルそれぞれの背後にまわるような感じでパートのチェンジをしていくんです。
それがあまりに自然で見事だったので、まるで2人が1つに合体(?)してるかのような(笑)、1人の人間から手が何本も出てきてるような^^;
さながら、奈良の興福寺にある国宝の阿修羅像を見てるような錯覚に陥ってしまいました(笑)
ほんと、個性的というか独創的な連弾スタイルで、これがポスターに書いてあるところの、驚異のキャトルマンスタイルってやつなのかな~(*^^*)
エネルギッシュな演奏だけでなく、しっとりした演奏では、とても綺麗な音色を響かせていたり、生の空間ならではの魅力も感じさせられた演奏でした♪
本当に素晴らしかった!

オーケストラ・アンサンブル金沢もホールの綺麗な響きの中で、とても素敵なアンサンブルを聴かせてくれたと思います(*^^*)
オーケストラ単独で、エルガーや武満徹の曲を演奏したり、レ・フレールの楽曲をオーケストラアレンジしたものを演奏したり、今回の共演は、単に、オーケストラ・アンサンブル金沢がレ・フレールの伴奏をしたというようなものではなく、本当に両者の競演って感じのコンサートだったように思います。
ていうか、指揮者の鈴木織衛さん、テンション高すぎ!^^;
MCでは、完全にレ・フレールのお二人を食っていました(笑)

レ・フレール単独のコンサートの動画とか見ると、もっと弾けて弾いてるような感じがしたので、今回の演奏はオーケストラとの共演ということもあり、少し大人しめな感じなのかな~?
お客さん(の手拍子)も少し控えめだったかもしれません^^;
今度は、レ・フレール単独の公演も観てみたいかも・・・(^^)

演奏曲目
・弦楽のためのセレナード ホ短調 0p.20より、第2楽章(エルガー)
・プロローグ~ブギー・バック・トゥ・ヨコスカ(斎藤圭土)
・シャクナンガンピ(斎藤圭土)
・フォー・キッズ(斎藤圭土)
・3つの映画音楽(武満徹)より、
「ホゼ・トーレス」訓練と休息の音楽
「他人の顔」ワルツ
~休憩~
・サムライ・ファンキー(レ・フレール)
・スペイン舞曲~ラ・フーサ・ヴァージョン(斎藤圭土)
・ブギ・ウギ即興演奏(レ・フレール)
・CROSS 第2番(斎藤圭土)
・アン・パサージュ(斎藤守也)
・プレサージュ(斎藤守也)
・マスカラード~完璧なお城 変奏曲より~(斎藤圭土)
~アンコール~
・On y va!(斎藤守也)
・桜(斎藤圭土)

本当に楽しいコンサートでした♪
アンコールでは、知っている曲「On y va!」を演奏してくれたのも嬉しかった(^^)
この曲、自分が初めて聴いた、レ・フレールの曲なんです^^
あるサークルの発表会で、親子連弾で弾かれた方がいて、曲間で観客に手拍子(合いの手?)を要求するのがめっちゃ新鮮で面白かったのを覚えています。
そんな懐かしい思い出にも一瞬ひたれました^^
なにより、終わった後はとっても元気が出て、またピアノが弾きたい、がんばりたいって気持ちになれたことがよかったです♪

だからやっぱり、たまにはコンサートでも・・・(笑)


PageTop

ピアノ教室の発表会に参加しました♪

いかがお過ごしですか?
今年もあとわずかになりましたね。
1年あっと言う間だったな~
来年もみなさんといっしょにピアノや音楽を楽しんでいきたいです!

さて、メンバーさんの中にもピアノ教室に通われている方はけっこうおらるように思いますけど、ピアノ教室の大きなイベントといえば、やっぱり発表会!
管理人の通っている教室でも先日、教室の発表会があり、今年も参加してまいりました♪

会場は府立の中央図書館のすぐ横に併設されているライティホールという多目的ホール。
300人ちょっと入るぐらいの広さでしょうか?
こじんまりとした感じですが、
東大阪にあるホールの中では、けっこうきれい目なところです(^^)
IMG_0036_convert_20151222215925.jpg

IMG_0038_convert_20151222215836.jpg
大阪府立中央図書館ライティホール

通っている教室は、生徒さんの数も多いので、発表会も朝10時から夜8時までの長丁場!!
大人が参加する部は午後3時からの開始になっていました。
管理人は1台4手の連弾と教室生徒さん9名で順に弾いていくリレー連弾に参加。
ソロの方はまたしても間に合わずでした、トホホ・・・
1台4手の連弾の方は、この間、発表会でず~っと相手をしてもらっている方と久しぶりにいっしょにピアノが弾けたのが楽しかったな~♪
リレー連弾もなかなか練習に参加できなかったけど、楽しく弾くことができました♪

個人的には、発表会はお祭りにみたいなものだと感じてて、
参加して楽しんでなんぼだと思ってるので、忙しくて練習もなかなかだったけど、
実際に参加してみてよかったな~♪楽しかったな~♪とつくづく感じました(^^)
教室行事にもなかなか参加できなかったので、昨年の発表会以来お会いするような方もいて、懐かしい方にお会いできる楽しみもありました。
来年は、ソロの演奏でもがんばって参加するぞ~!

実は、サークルのメンバーさんにも何人か同じ教室に通われている方がいて、
いつものサークルとは違う教室の発表会って場でお会いするのも何だか新鮮な気持ちでした(^^)
その中のお一人と仲の良いメンバーさんが応援に観に来てくれはってて、
いっしょにかわいいお花をいただきました。
本当にありがとうございます(*^^*)
IMG_0041_convert_20151222220007.jpg
かわいいお花をいただきました、ありがとうございます(*^^*)

他の教室の発表会を観るのも、自分の通う教室の発表会とはまた雰囲気も違って楽しいのかな?
発表会に参加される方、よかったら、ぜひ招待してください~
応援に行きますので(^^)



PageTop

たまにはコンサートでも・・・

こんにちは(^ ^)
HPや掲示板の更新もなかなか亀足状態ですみません・・・
めっきり寒くなってきましたね、いかがお過ごしでしょうか。

つい先日ですが、久しぶりにピアノのコンサートに行ってきました。
ユリアンナ・アヴデーエワさんというロシアのピアニストのリサイタルです。
この方は2010年のショパン国際コンクールの優勝者。
アルゲリッチ以来、45年ぶりの女性優勝者だったとか・・・
その時のコンクールはネットで生中継されていたため、本選の演奏は僕もPCの前で聴いていた覚えがあります。
トラブルで会場の照明が落ちるというアクシデントの中、
オーケストラと一糸乱れぬピアノを弾きまくる姿と集中力にすげ~と感動した記憶があります。
女性出演者の多くが華麗なドレスで登場する中で、
まるでジョルジュ・サンドの男装姿を連想させるような、黒のパンツスタイルの衣装もとても印象的でした。
あれからもう4年か~ 早いですね(^^;

会場は奈良の近鉄百貨店内にある秋篠音楽堂というホール。
以前から気になっていたホールなんですが、中に入るのが今回が初めてです。
百貨店のフロアのざわめきとはガラリと変わった落ち着いた雰囲気の会場・・・
とてもきれいで響きの良いホールだったと思います。
客席数も300席ぐらい?
広さもピアノのリサイタルを聴くのにピッタリですね。

今日のリサイタルのプログラムは次のようなもの。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第6番 ニ長調 K.284「デュルニッツ」

リスト:ヴェルディ《アイーダ》より 神前の踊りと終幕の二重唱 S.436
リスト:巡礼の年 第2年「イタリア」から ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲
   ***
ショパン:24の前奏曲 作品28

~アンコール~
ショパン:ノクターンop.15-1
ショパン:マズルカop.7-1
シューベルト:D946 3つのピアノ曲Ⅲ

モーツァルトのソナタからリストにショパンの前奏曲 作品28を全曲演奏と聴き応えたっぷりのプログラムです♪

1曲目のモーツァルトから、ピアノの音の美しさに惹き込まれました。
確実なテクニックとコントロール、バランス感、多彩な音色とどれも抜群に安定していて、
さすが第一線で活躍しているプロのピアニストという感じでした。
次のリストもものすごいテクニックです。
でも何だかとても涼しげに弾いているような・・・(^^;
ピアニッシモからフォルテッシモまでの音の振り幅がとんでもなく大きくてすごすぎる!
どうしたらここまでピアノをコントロールできるんだろうって思いますね~
このリストの演奏が個人的には、この日のハイライトだったかな・・・

休憩の後は、楽しみにしていたショパンの前奏曲 作品28の全曲演奏。
短い曲ごとにも本当に細やかな表現が行き届いていて、聴き惚れているうちにあっという間に全曲が終わってしまったという感じです(^ ^)
自分の好みとしては、もう少しだけゆっくりめに演奏してくれた方が、
曲のディテールがもっとじっくり感じられて楽しめたかな~と思いましたが、とても素晴らしい演奏ではありました。

それにしても、これだけの曲を通して弾きこなす、技術、体力、集中力、精神力・・・
プロのピアニストは本当にすごいですね~
演奏が終わった後も、汗ひとつかいてないようなにこやかな笑顔がとても印象的でした。
ちなみにこの日の衣装も黒を基調としたパンツスタイルの衣装。
その凛々しい姿に思わずうっとりです・・・(*^^*)
結局、アンコールにも3曲も応えてくれて、大満足のコンサートでした♪

この日のコンサートはたまたま友人がチケットをプレゼントしてくれたということがあって行くことができたコンサートですが、
たまにはこうしたプロのピアニストの演奏を聴きにホールに足を運ぶのもとても刺激になるなと感じました。
実力的には星の彼方ほどの差がある人たちですが、自分もまたピアノをがんばりたいという気持ちにさせられましたし、
あらためてピアノという楽器の素晴らしさを感じることもできました(^ ^)

みなさんもオススメのコンサートや聴きに行ったコンサートの感想とかありましたら、ぜひ教えてほしいです~

たまには、コンサートでもいかがですか(^ ^)

DSC_0357_convert_20141102053258.jpg



PageTop